TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

野の花 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    シーグラス(ビーチグラス)を拾う話

    ビーチグラス,シーグラス,どちらが正しい表記なのか。ウイキペディアでは「シーグラス」が項目名になっていたので,以後はそれで統一します。海岸や河原で拾える,摩耗したガラスのかけらのことです。 昔からの読者の皆さまなら,私が海岸に出るたびに拾っていたのを憶えておいででしょうか。はい想像してください,おっさんがふんふん言いながら海辺でビーチグラスを拾っている図を …… 妖怪だよ,ほぼ。 さて初崎海岸。そう昨年「高温石英」を求めて私が出没した浜です。ここで砂を採取して高温石英を選り分けていると,色とりどりのシーグラスが目についてしまいました。 透明な高温石英にちょっと混ぜたら良い色味になるな,とやって…

    ジノ。

    ジノ。愛と青空の日々

    読者になる
  • 2位

    カリガネソウ開花

    小さな花なので遠目には目立ちません カリガネソウで検索すると 臭い臭いと書いてありますが撮影中感じませんでした

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる
  • 3位

    どうしてこんな所から腐るのか

    花袖の実生苗に実生接ぎした銀冠玉 2020.5.7 焼けたかダニに喰われたか

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる
  • 4位

    ハナオチバタケを撮りに  今度こそ本命     2020.07.11.(4)

    ハナオチバタケ桃ようやく今日予定の最後の場所にやって来た。この場所は前週に来た所だ。カラカラに乾いたハナオチバタケが残っていた場所。これだけ雨が降ったのだから、また出ているだろうと思ってはいたのだ。でも、幾らなんでも降り過ぎだ。ハリガネオチバタケ?ハナオチバタケの色違いが同じ場所に出ているのは見たことがないような・・・・Entolomasp.こんなの見たことないような・・・・ハナオチバタケまた、熱が上がってきた・・・・。ハナオチバタケを撮りに今度こそ本命2020.07.11.(4)

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

    読者になる
  • 5位

    不思議で神秘的…神が創りし水模様

    不思議で神秘的神が創りしアートそして一瞬の芸術品水模様光空気風季節時間が相俟ち想像する神が一瞬私に見せてくれた不思議で神秘的…神が創りし水模様

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • 6位

    橙色のユニークな着生蘭シルホペタルム・スケアテアヌム」(蘭シリーズ 20-69)

    橙色の閉じた花弁が擬似散形花序で広がるラン「シルホペタルム・スケアテアヌム」。キロペタルムとも読まれ、和名はシコウランらしい。ユニークな着生蘭だ。マレーシア、ラオス原産。(2020-06東京都神代植物公園)ラン「シルホペタルム・スケアテアヌム」オレンジ色の小ぶりの花を扇のようにひろげるラン、シルホペタルムスケアテアヌムCirrhopetalumSkeateanum。WildorchidsofThailandのarchiveによれば、タイで生育している着生種で花期は夏、とあり、写真の花は黄色です。黄色のBulbophyllumtigridumHance1883と同じだとする説がありますが、そちらはラオス原産、別の記事では中国・香港・台湾原産という記載があって、統一されていません。レア品種で記事が少なく、確認できま...橙色のユニークな着生蘭シルホペタルム・スケアテアヌム」(蘭シリーズ20-69)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 7位

    小さなフクロウ…アオバズク

    小さな森の訪問者“アオバズク”。今年も青葉の森にやって来た。青葉が茂る季節に渡って来るので、この名前が付いた。「ホゥ、ホゥホゥ、ホゥ」と2度鳴く。どうやらヒナが2羽生まれて巣立ちもしたようだ。目力の強い野鳥だ。小さなフクロウ…アオバズク

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • 8位

    今日の採種

    緒方丸錦 小さいので花柄だと思い捨てていたが

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる

続きを見る

  • チランジア!

    チランジア!

    チランジア(エアープランツ)を育ててる人はどんどん記事にしてどんどんトラバ送信してくださいね!

    テーマ投稿数 110件

    参加メンバー 32人

  • 古典植物 伝統園芸

    古典植物 伝統園芸

    古典植物や伝統園芸といった 日本の昔ながらの植物についてブログならなんでもいいです^^ 日本人として愛していきたい植物です Wikiより 江戸時代に日本で育種、改良され、独自の発展を遂げた園芸植物、また明治時代以降でもその美的基準において栽培、育種されている植物の総称である。 花 アサガオ キク カキツバタ サクラソウ シャクヤク スカシユリ スハマソウ(雪割草)タンポポ 東洋ラン(中国春蘭、一茎九華、日本春蘭、寒蘭)ナデシコ(伊勢ナデシコ、トコナツ)ハス ハナショウブ フクジュソウ マツモトセンノウ ミスミソウ(雪割草)カザグルマ ミヤコワスレ 葉 茎 おもと オモト(万年青)イワヒバ カラタチバナ(百両金)カンアオイ類(細辛{サイシン})カンノンチク 葉物君子蘭 シュロチク シノブ セッコク(長生蘭)錦葉ゼラニウム 東洋ラン(日本春蘭、金稜辺、恵蘭など)ナンテン(錦糸南天)ハボタン ハラン フウラン(富貴蘭)マツバラン(松葉蘭)マンリョウ ミヤマウズラ(錦蘭)ヤブコウジ(紫金牛)ツワブキ 樹木 ウメ カエデ サクラ ザクロ ツツジ類 ツバキ、サザンカ フジ ボタン ムクゲ ボケ ハナモモ 盆栽

    テーマ投稿数 95件

    参加メンバー 11人

  • 野菜栽培と料理と魚釣り

    野菜栽培と料理と魚釣り

    野菜栽培を楽しみ、安全な無農薬有機栽培の野菜たちの料理を味わいましょう。そして海の幸も食べれれば最高です。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • ナンベラ素敵菜園/ガーデニング、園芸  

    ナンベラ素敵菜園/ガーデニング、園芸  

    ベランダ菜園、ベランダガーデン、園芸、ガーデニング、野菜菜園、園芸、苗、土、肥料などなど、役立つ情報や、共通の趣味でつながりましょう! ちなみに、ナンベラって南向きベランダの略語っす。 日当たりのよい環境で可愛いお花や野菜、観葉植物なんかをモリモリそだてたいですね♪

    テーマ投稿数 123件

    参加メンバー 15人

  • JUNKでありたい

    JUNKでありたい

    JUNK大好きな方・JUNKを求めている方・JUNKを作っている方・JUNK品やJUNKガーデンなどなんでもOKです。 皆で共有しませんか?!ドシドシとトラバして下さーい。

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 7人

  • 城と桜

    城と桜

    城と桜に関する記事お待ちしています。 気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 1人

  • アクアハイドロカルチャー

    アクアハイドロカルチャー

    アクアライフの楽しみ方は無限大です!! アクアハイドロカルチャーとは、基本的にはハイドロカルチャーと同じです。 違いはそれを水槽の上部濾過槽で行うということ! なんで上部濾過槽で?? それは、植物にも魚達にもそして飼育者にもメリットがいっぱいだからです♪ 水槽の飼育水と部屋の空気の浄化作用の期待も兼ね見た目にも癒されるアクアハイドロカルチャーを是非!!

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 1人

  • ベランダ菜園と家ごはん

    ベランダ菜園と家ごはん

    ベランダという限られたスペースで、野菜やハーブ栽培。 そして収穫、家ごはんで食べる喜びと楽しみ♪

    テーマ投稿数 418件

    参加メンバー 27人

  • 花言葉

    花言葉

    花言葉のトラコミュです〜 この花言葉、こんなだよ、とか、 この花、こんな意味があったんだ〜、とか。 色によっても違うよね。 そんな花言葉のコミュです

    テーマ投稿数 749件

    参加メンバー 8人

  • ガーデニング失敗談。。。

    ガーデニング失敗談。。。

    ガーデニング初心者さん集まれ\(^o^)/ ◎●◎失敗は成功のもと◎●◎ ・・・キレイな花やおいしい野菜でお庭やベランダを飾るまでになるには失敗も付き物。。。?。゜゜(´□`。)°゜。 そんな悲しみを乗り越えて(?)『失敗談』情報を交換し合いませんか? 私はベランダ&窓際ガーデニング1年生です。 いつも試行錯誤の繰り返しですが、それをブログにしながら楽しんでやっています♪♪♪ みなさんのご参加をお待ちしています☆

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • ハナオチバタケを撮りに  今度こそ本命     2020.07.11.(4)

    ハナオチバタケ桃ようやく今日予定の最後の場所にやって来た。この場所は前週に来た所だ。カラカラに乾いたハナオチバタケが残っていた場所。これだけ雨が降ったのだから、また出ているだろうと思ってはいたのだ。でも、幾らなんでも降り過ぎだ。ハリガネオチバタケ?ハナオチバタケの色違いが同じ場所に出ているのは見たことがないような・・・・Entolomasp.こんなの見たことないような・・・・ハナオチバタケまた、熱が上がってきた・・・・。ハナオチバタケを撮りに今度こそ本命2020.07.11.(4)

    今日もきのこ 観察日記 今日もきのこ 観察日記
    読者になる
  • 『愛西市森川花はす田の蓮風景』

    毎年出かけている愛知県愛西市の『森川花はす田』ですが今年はコロナの影響で『蓮見の会』が中止になったようでした・・・・・ 出掛けたのが例年より少し早かった...

    shizenkaze 自然風の自然風だより
    読者になる
  • ハナオチバタケを撮りに  番外2     2020.07.11.(3)

    結局、この公園ではハナオチバタケは見つけられない状況。公園の周回路は終わりに近づいているのだから。土砂降りの薄暗い中ではピンポイントで場所が分かっていないと見つけるのは難しいだろう。そのくらい小さなきのこだから。最初のきのこはツボを確認して、クロコタマゴテングタケとなった。ピンボケは失礼。キイロイグチ左はキイロイグチ。右は何だろうか・・・・、まず、アマニタのタマゴであるのは間違いない。その中で・・・・、あのムラムラの傘はコテングタケモドキかな。サンコタケ久し振り。。やっぱりコテングタケモドキばっかりだ。道の下にはヤマドリタケモドキの大きいのが幾つも転がっているが、無視。これを採ったら後が大変だ。ハナオチバタケを撮りに番外22020.07.11.(3)

    今日もきのこ 観察日記 今日もきのこ 観察日記
    読者になる
  • 黄色の花が群れるように開くラン「デンドロビウム・リンドレイ」(蘭シリーズ 20-70)

    黄色の花が群れるように開くラン「デンドロビウム・リンドレイ」。大きなリップは丸く広がり、末端は波打つ。花芯のオレンジ色がアクセントになっている。種名は発見者のイギリス人の植物学者の名前による。(2020-06東京都神代植物公園)ラン「デンドロビウム・リンドレイ」デンドロビウム・リンドレイDendrobiumlindleyiはラン科の植物の1つで、太い偽鱗茎の先端に葉を1枚だけ付け、多数の黄色い花を咲かせる。特徴着生の多年生草本。茎は束になって生じ、長さ3-10cmでやや扁平な紡錘形をしている。葉は茎の先端に1枚だけ付き、長楕円形で長さ5-10cm、革質で分厚く、先端は鈍く丸まり、また左右不均等になる。花期は春で、花茎は茎の上の方の節から出て長さ10-25cmに達し、斜め上に伸びて先端は次第に下を向く。この花茎の...黄色の花が群れるように開くラン「デンドロビウム・リンドレイ」(蘭シリーズ20-70)

    アネモス 野の花 山の花
    読者になる
  • モノクロ世界の迫力

    最近はほとんどがきれいなカラー写真。特にデジタル化されて、その魅力は一層増した感がある写真。しかし、昔主流だったモノクロ写真も、なかなかの迫力がある。パソコンにより、カラーをモノクロにするのはいとも簡単。と言うことでモノクロにしてみた写真が、これ。ウゥ~~ン!なかなかの迫力だ。これもまたよし。モノクロ世界の迫力

    shoun 楽しく学ぶ翔雲書道教室
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)