TOPICS
  • イヌビワ(犬枇杷)の実

    イヌビワ(犬枇杷)の実<クワ科イチジク属>山地や丘陵に生える落葉低木。小枝を傷つけると白い乳液が出る。葉は長さ10~20センチの倒卵形。葉柄は1~4センチ。8月頃の犬枇杷。4~5月、本年枝の葉腋に花のうが1個ずつつく。雌雄異株。秋に雌花のうは直径1,5~1,7センチの果のうとなり、熟すと食べられる。雄花のうは直径約1,5センチで赤くなるが食べられない。写真は雌花のう。葉が細いものを↓ホソバイヌビワと言う。イヌビワ(犬枇杷)の実

    れんげの画像日記

    れんげの画像日記

    読者になる
  • 読者になる
  • ドライフードを作る<マイタケ編> (2019年12月30日)

    年の瀬にマイタケでドライフードを作ってみた。正月飾りを求めて買い出しにやってくると、スーパーでマイタケが俺を呼んでいた。マイタケが「俺は旨いぞ。」と言ってくる。マイタケの訴えを嫁さんに説明(言い訳)して、マイタケを買って帰った。

    あんでぃ

    遠い山の記憶

    読者になる
  • 『木曽川のコハクチョウ達』

    今日はあの巨大震災から25年になりました・・・・・ 阪神淡路の震源でしたが私の住む岐阜市も大きく揺れました 多くの犠牲者と多くの建物や交通機関などの被...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • 今日のウソ

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • エナガが飛び回っていました。

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • スタキス・アルヴェンシス Stachys arvensis

    シソ科、Lamiaceae、イヌゴマ(スタキス)属、西アジア~ヨーロッパ~北アフリカ原産の1年草、学名:Stachysarvensis、和名:ヤブチョロギ(薮長老喜)、ヤブイヌゴマ(薮犬胡麻)、英名:FieldWoundwort、Staggerweed、CornWoundwort、葡名:Robo-de-raposa、2011年2月、2015年1月13日、24日、2016年2月15日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、スタキス・アルヴェンシスStachysarvensisの花。花の直径は5ミリほど。草丈は15センチほど。茎の断面は4角で、基部で分岐する。葉は対生で、卵形~楕円形で鋸歯をもつ。和名のヤブチョロギは地下茎が正月料理に使われるチョロギに似ていることから付いた名前だが、これは食用にはならない。群生し...スタキス・アルヴェンシスStachysarvensis

    MUZVIT

    ポルトガルの野の花

    読者になる
  • 今日のルリビタキオス

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • 今年最後の八重山へ(八重山101回目)(2019年12月31日)

    今年はあまり山に行けなかった。それでも夏に上高地でテント泊をしながら、西穂高岳と前穂高岳を登った。

    あんでぃ

    遠い山の記憶

    読者になる
  • ドライフードを作る<ナス編> (2019年12月8日)

    先日のネギのドライフードの出来が思ったより良かったので、今回はナスを試してみた。

    あんでぃ

    遠い山の記憶

    読者になる
  • 毎年同じ所に咲く地味で律儀な花 スノーフレーク

    ヒガンバナ科(Amaryllidaceae);スノーフレーク属(Leucojum);スノーフレーク(L.aestivum)学名:LeucojumaestivumL.和名:スズランスイセン(鈴蘭水仙)英名:summersnowflake大分前に妃が近所の家からスノーフレークの苗を庭の片隅に植えた。非常に丈夫な植物で、肥料も一切やらないのに毎年同じ場所に芽が出て花が咲く。ホオズキの様に地下茎を伸ばしてあちこち侵略することもない。植えられた場所をかたくなに守って殆ど同じ場所に咲く律儀な植物だ。花はスズランスイセンという別名のようにスズランそっくりの白い花だ。華やかさは無く地味だ。葉は細くニラのように伸びるので、スイセンと同じようにニラに間違って食べて食中毒になることがあるらしい。毎年同じ場所に生えて花が咲くスノーフレ...毎年同じ所に咲く地味で律儀な花スノーフレーク

    イーハトーブ国王の巡回

    イーハトーブ国王の巡回

    読者になる
  • 1/17 今年の「しなの鉄道」と「長野電鉄」に期待❕

    今日の「しなの鉄道」の630M(長野8:44→小諸9:50)の台鉄自強号色です。ところで、1月26日の「カシオペア紀行・長野行」を何処で撮ろうかと思案していたところ、東京メトロ日比谷線の03系が、2月の初めに越谷タ→北長野駅に甲種輸送されるという情報に接しました。譲渡先は、長野電鉄では?という書き込みが流れております。加えて、7月から「しなの鉄道」では新型車両の導入・運用が始まることもあって、今年は「しなの鉄道」と「長野電鉄」に期待しています。1/17今年の「しなの鉄道」と「長野電鉄」に期待❕

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • 1/17 今日のロクヨンは1034号機

    大寒も近しというのに暖冬で、鉄橋界隈を歩いたら汗を掻いてしまいました。今日のロクヨンは、1770レ(北長野→篠ノ井)を定番の信越本線の犀川橋梁で撮りました。1月26日の「カシオペア紀行・長野行」を何処で撮ろうかと思案していたところ、東京メトロ日比谷線の03系が、2月の初めに北長野駅に甲種輸送されるという情報に接しました。行き先は、長野電鉄では?という書き込みが流れております。加えて、7月から「しなの鉄道」では新車両の導入・運用が始まることもあって、今年は「しなの鉄道」と「長野電鉄」がメインになりそうです。1/17今日のロクヨンは1034号機

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • 初対面!…

    ラッキーピエロのハンバーガーは、時々お土産などで頂き食べるのですが、これは初めて見ました。というより知らなかっただけなのですが…。ラッキーピエロラーメン。そしてマヨネーズもあったようだ。実に勉強になった。初対面!…

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • クリームイエローのおっとりとしたバラ「チャイコフスキー」(薔薇シリーズ74)

    メイヤン家の作出になるバラ「チャイコフスキー」。さわやかなクリームイエローの大輪がおっとりと咲いている。半剣弁ロゼット咲きなので、花芯近くの多くの花弁がいくらか饒舌なところが、チャイコフスキーの曲にふさわしいか?花弁の末端にときおりみえる鋸歯のような形も魅力的だ。(2019-10東京都神代植物公園)バラ「チャイコフスキー」和名チャイコフスキー英名Tchaikovski(Meichibon)系統S作出者Meilland(メイアン)作出年度2000作出国France(フランス)紹介文クリームイエローの微妙な色合いが美しく、大輪種でふんわり開いていきます。半剣弁ロゼット咲きで花弁数が多く、オールドローズのようなクラシックな雰囲気があります。チャイコフスキーの名前は、ロシアの著名な作曲家にちなみます。交配親:(Anth...クリームイエローのおっとりとしたバラ「チャイコフスキー」(薔薇シリーズ74)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • ノシラン(熨斗蘭)の実

    ノシラン(熨斗蘭)の実<ユリ科ジャノヒゲ属>公園や遊歩道などでよく見かける多年草。海岸近くの林に自生します。日比谷公園の熨斗蘭の実はまだ緑色でした。葉は線形で長さ30~80センチ、幅7~15ミリあり、深緑色で厚く光沢があり、ふちはざらつく。花茎は高さ30~50センチあり、著しく扁平な2陵形で狭い翼があり、斜上する。花は(画像は9月のもの)長さ7~10センチあり、密に花をつける。花被片は白色または淡紫色で広披針形をしており長さ約6ミリ。種子は倒卵形で濃い青色に熟します。葉陰のものは濃青色になっていました。ノシラン(熨斗蘭)の実

    れんげの画像日記

    れんげの画像日記

    読者になる
  • 『夕べが池自然公園の風景と釣人と黒い猫~』

    12日にふらっと出掛けた夕べが池自然公園で撮った写真です~ 『夕べが池(ゆうべがいけ)』は北方町と岐阜市との境にある池で池底から湧き出る水が水源になって...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • サクラソウ

    冬の始めに少しまとめて苗を買いましたがカーポートの下が今は自動車が無く花置き場で育てて居ますが前に失敗も有って根をいじらず今回は植えて見ましたが育ちは今年は少し悪い様に思いますが枯れる事は無いようです。サクラソウ

    花との出会いで癒されています。

    花との出会いで癒されています。

    読者になる
  • 干し柿が大好き ヒヨドリ

    ヒヨドリ科(Pycnonotidae);ヒヨドリ属(Hypsipetes);ヒヨドリ(H.amaurotis)学名:Hypsipetesamaurotis和名:ヒヨドリ(鵯)英名:Brown-earedBulbulヒヨドリは最も良く見られる鳥の1つだ。我が家にも頻繁にやってくる。春はブルーベリーの木に寄ってきて花の蜜を吸っているようだ。また、近所のせせらぎ公園でもよく見かける。春はコブシの花に沢山集まってくる。冬になって食べ物が乏しくなってくると、やはり我家のベランダに吊した干し柿を食べにやってくる。しかし、10から11月の最盛期にはやってこない。多分その頃は外に食べ物があるのだろう。従って、干し柿作りで被害にあったことはない。12月になり雪が降り始める頃になると、必ずやってくる。我が家ではそれを観察するために...干し柿が大好きヒヨドリ

    イーハトーブ国王の巡回

    イーハトーブ国王の巡回

    読者になる
  • ケラスティウム・フォンタヌム Cerastium fontanum

    ナデシコ科、Caryophyllaceae、ミミナグサ属、ヨーロッパ原産の多年草学名:Cerastiumfontanum、和名:ミミナグサ(耳菜草)、ホトケノミミ(仏の耳)、英名:Mouse-earChickweed、CommonMouse-ear、Starweed、葡名:Orelha-de-rato-vulgar、2009年6月21日、2016年6月17日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、ケラスティウム・フォンタヌムCerastiumfontanumの花。表示名は学名の音読み。花の直径は2ミリほど。草丈は10センチほど。茎は細く,暗紫色を帯び,株の根もとから分枝して群生する。毛を密生,上部には腺毛が混ざる。葉は卵形ないし長楕円形。鈍頭で両面に毛があり対生する。ミミナグサ属には約100種があり、世界中に分布する。...ケラスティウム・フォンタヌムCerastiumfontanum

    MUZVIT

    ポルトガルの野の花

    読者になる
  • 今度は「トランジスタラジオ」です(^_^;)

    No.1154 最後に落札していた『ナショナル真空管ラジオ』がなかなか重体でして💦 爆発💣や炎上🔥は無いのですが、音が微かにしか出ないんですよねぇ💧 もしかしたら未だ見ていない「抵抗器」や配線外れ等があるのかも😁 長い時間を掛けて勉強しながら直して行きます(^_^;) (測定器も捨てちゃったので後悔しています💧) ダイニングでラジオを聴きたい時は・・・ 「アレクサ!ラジコで◉◉放送掛けて!」と声を出して聴いています。 デジタル通信なので音は良いのですが、局を代えたい時には新たに「アレクサ!」と 呼びかけし直さないと駄目なんですよねぇ💦 そこで、コンパクトで「レトロなトランジスターラジオ」が欲し…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

    読者になる
  • 1/16 機関区篠ノ井派出の異種重連の連結作業

    今日は、塩尻機関区篠ノ井派出に出掛け、1789レ(篠ノ井→北長野)になるEH200-9+EF64-1023号機の連結作業を見て来ました。操車係の手旗信号で、EH200-9号機に向かうEF64-1023号機です。連結直前で停止です。連結作業完了です。1/16機関区篠ノ井派出の異種重連の連結作業

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • 端麗な八重咲の白の山茶花「銀竜」(山茶花シリーズ21)

    端麗な八重咲の白の山茶花「銀竜」。八重ながらすっきりとした中輪の花が美しい。外弁の先端と裏は桃紅色に染まる。(2020-01東京都神代植物公園)端麗な八重咲の白の山茶花「銀竜」(山茶花シリーズ21)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • マガンの中に…シジュウカラガン!

    湿原に立ってカメラを構えていると、突然マガンが飛んできた。慌ててマガンに照準を合わせシャッターを押す。動きのある撮影なので、ファインダーに納まらず、大変だった…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

    読者になる
  • マガンの中に…

    湿原に立ってカメラを構えていると、突然マガンが飛んできた。慌ててマガンに照準を合わせシャッターを押す。動きのある撮影なので、ファインダーに納まらず、大変だった。後から写真を見ると、マガンだったが、その中に1羽だけ顔の違うシジュウカラガンがいた。種類が違っても仲良く群れ飛ぶガンを見た。上の写真は一番下がシジュウカラガンマガンの中に…

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • 淡い黄色の端麗なバラ「ゴールド・コローネ」(薔薇シリーズ73)

    淡い黄色の端麗なバラ「ゴールド・コローネ」。「黄金の王冠」と呼ばれるだけあって、堂々とした黄金色の大輪のバラで、末端にはピンクのぼかしが入る。剣弁高芯咲きで花弁の巻き方にも特徴がある。別名「クローヌ・ドール」も同じ意味のフランス語だ。(2019-10東京都神代植物公園)バラ「ゴールド・コローネ」剣弁高芯咲きの大輪花。淡い黄色、弁端にはピンクのぼかしが入ります。ピースファミリーの1つで大きな照り葉も特徴。枝には赤みがありステムは長め。半直立状に枝を伸ばします。うすいですがティー香もあります。品種名ゴールドクローネローマ字Goldkrone系統ハイブリッドティー(HT)HybridTea咲き方四季咲き香り微香花径11㎝樹高1.2m樹形図1b番半直立作出年1960年作出国ドイツ作出者ReimerKordes別名Cou...淡い黄色の端麗なバラ「ゴールド・コローネ」(薔薇シリーズ73)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • バクチノキ(博打木)の実

    バクチノキ(博打木)の実<バラ科サクラ属>暖地の沿岸地に生える常緑高木。樹皮は灰褐色で鱗片状にはがれ、そのあとが紅黄色になる。博打に負けて丸裸になるたとえで、赤裸になった様子から、バクチノキ(博打木)と言う。(ちなみにセイヨウバクチノキの木肌は黒です。)葉は互生し、長さ10~20センチの長楕円形で革質。先は尖り、ふちには鋭い鋸歯がある。腺点は葉柄の上部にある。9月頃、葉のわきから短い総状花序をだし、直径6~7ミリの白い花を密につける。バクチノキ(博打木)の実

    れんげの画像日記

    れんげの画像日記

    読者になる
  • 今年のカレンダー 2020        2020.01.15.

    表紙少し遅れましたが、2020年のカレンダーについてご紹介。いつも進呈している方々に届いたことを確認してからと思っていたら遅くなりました。表紙ですが、いつもカレンダーに採用しなかったけれど思い入れのある写真とか、ちょっと色合いが欲しいなとかで適当に選んでいたけれど、贈った人から結構、表紙の小さな写真について質問があったりするから、これからもう少し、慎重に選んだ方が良いかなとか思っています。1月朝陽これはこのブログを見ている人にはすぐに分かってしまう写真かなと思います。11月に室戸に行った時に泊まった牟岐の宿から写した朝日。ブログをずっと更新せずにいたから観ている人は「まだ、更新してないのか・・・」と思いつつ見ているのかも。。。2月節分草定番の節分草。この月に被写体に出来る花は節分草かユキワリイチゲくらいだから、...今年のカレンダー20202020.01.15.

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

    読者になる
  • 保存林のコゲラ Japanese Pygmy Woodpecker

    雨上がりの林内で木を叩くコゲラコゲラ Dendrocopos kizuki雨上がりの午後林を訪れるとコツコツという音...すぐ脇の木に飛来次第に登って行く...

    Gphoto

    素人写人 雑草フォト爺のブログ

    読者になる
  • 『名古屋鉄道(名鉄)の電車達~』

    今日は自然のものから少し離れて『笠松みなと公園』の近くで撮り鉄をしてみました~ 僅かな時間に多くの電車が行き来しました・・・・・ 1.『木...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • セネキオ・ヴルガリス  senecio vulgaris

    キク科、Asteraceae、キオン属、ヨーロッパ原産の越年草又は1年草学名:Seneciovulgaris、和名:ノボロギク(野襤褸菊)、英名:CommonGroundsel、葡名:Tasneirinha、Cardo-morto、2011年2月7日、2015年2月12日、2018年1月25日、ポルトガルコスタ・アズール地方で撮影、セネキオ・ヴルガリスseneciovulgarisの花。花の直径は5ミリ、長さは1~2cmほど。草丈は30センチほど。和名は「野に生えるボロギク」の意で、ボロギクとはサワギクのこと。オキュウクサ、タイショウクサともいう。茎は中空で、高さ20から40cmに直立、多数に分枝して株を形成する。色はうす緑色-赤紫色。子葉は長楕円形で、葉先はややとがる。成葉は互生し、不規則に羽状の切れ込みがあ...セネキオ・ヴルガリス seneciovulgaris

    MUZVIT

    ポルトガルの野の花

    読者になる
  • 今日から開幕!…第51回国際現代書道展

    今日から『第51回国際現代書道展』が開催されます。昨日、飾りつけを終えた札幌市民ギャラリーの会場には、文部科学大臣賞を始め大賞、準大賞など、1,604点の作品…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

    読者になる
  • 開幕!…第51回国際現代書道展

    今日から『第51回国際現代書道展』が開催されます。昨日、飾りつけを終えた札幌市民ギャラリーの会場には、文部科学大臣賞を始め大賞、準大賞など、1,604点の作品が展示されました。今日は11時から作品解説が行われます。大勢の方のご来場お待ちしています。開幕!…第51回国際現代書道展

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧