野の花 新着記事

  • あんまりな余り苗

    お、余り苗↑おまとめ余り苗↓あんまりな余り苗↑オマケの↓つ~ちゃん🐧あんまりな余り苗

    青萄

    空見日和

  • チロリアンランプ(アプチロン)

    畠の隅に植えて有るチロリアンランプ鉢植えと違い良く育って基礎一杯に広がって居て家の鉢植えとは大違いです。日の当たる邪魔にならない場所が有ったら家でも始めはフェンスに絡んで居たが日陰になってから消えるのが早いでした。チロリアンランプ(アプチロン)

    花との出会いで癒されています。

    花との出会いで癒されています。

  • 葉を煎じて甘酒代わりにも使われるアマチャ(紫陽花シリーズ5)

    アジサイの葉には毒があるが、アマチャの葉は名前どおりに煎じて飲むと甘いらしい。ガクアジサイと似ていので、アジサイの葉を煎じて飲んで集団中毒事故が起きたこともある。砂糖の数百倍の甘さというから、すごい。寺院に植えられることが多いが、これは四月の釈迦の生誕記念日に行われる花祭りに、アマチャを飲む風習があったからだという。装飾花そのものは、シンプルで美しい花だ。青くなるらしいが、写真のはまだ白くて、清楚な感じを与える。(2019-06東京都神代植物公園)アマチャ甘茶(あまちゃ)は、ユキノシタ科の落葉低木落葉性の低木アジサイの変種である。アジサイ科のガクアジサイと酷似しており、間違われる事が多い。アマチャ(学名:Hydrangeamacrophyllavar.thunbergii)。また、その若い葉を蒸して揉み、乾燥さ...葉を煎じて甘酒代わりにも使われるアマチャ(紫陽花シリーズ5)

    アネモス

    野の花 山の花

  • 花期だけ葉の半分が白くなるために半化粧とも呼ばれる半夏生

    神代植物公園の水生植物園で、半夏生が群生していた。あたり一面に咲いていたというのが正確だろう。半分だけ葉が白くなり、そばにオカトラノオを小さくしたような白い花がいくつか咲く。この穂の形の花を「トカゲの尾」とみなして、英語の名前と学名がつけられている。あまりみかけない花だが、一度みると忘れられない。和名の「半化粧」や「片白草」も特徴をうまくとらえている。花期が終わると、葉の白さは消えるとしいうから、うまくできている。(2019-06東京都神代植物公園)半夏生半化粧(はんげしょう)(半夏生(はんげしょう)片白草(かたしろぐさ))(Lizard'stail)・毒痛み(どくだみ)科。・学名SaururuschinensisSaururus:ハンゲショウ属chinensis:中国のSaururus(ソーララス)は、ギリシ...花期だけ葉の半分が白くなるために半化粧とも呼ばれる半夏生

    アネモス

    野の花 山の花

  • ホテルの窓は西側

    ホテルの窓は西側のようだ。右側は六甲山の連なりだろうか?。緑に覆われた急斜面の山だ。そして左側は、大都会神戸の街が広がっている。日の出の斜光が差し込んできた。青空が広がってきた。朝の神戸は美しい。ホテルの窓は西側

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

  • ランポーの実生苗が変

    ついこの間までは普通の姿だったのだが 今日潅水しながら眺めていたら 複稜の様な突起が出ていた

    coosabo

    空Cooパパブログ?

  • 群生を夢見て

    マミラリアのクルシゲラをカット 出て来た仔は下の方からほんの少し 赤刺カルメナエみたいに傷口が…

    coosabo

    空Cooパパブログ?

  • 「蝶!(超)!最高の日でした(^^)

    №1029 「今回は特に写真が多くなっています。 クリックして大きくご覧頂けると 嬉しく思います(^^)」 天気予報に依ると・・・晴れるのは25日、26日のみ。 後は数日間曇天や雨が降るとのことです。(関西以西の地方にもやっと梅雨が!) 恵みの雨程度でお願いしますよ! そういうことで、昼からいつも行っている我が家から一番近い山々にバイクで 行ってみました。 毎年この日付(6月後半)には行ったことがなく、きっと咲いて いる草花も少ないに違いありません。 平地ではきっと26度程度でしょう。 バイクでも少し暑い気がします。 ところが、一旦山道に入ると気温が下がり、半袖では寒いのです。(体幹は20℃)…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

  • 今日の1日

    今日は午後から教室だった。教室を終え、直ちに新千歳空港に行き、5時50分発の大阪国際空港行きANAに乗り、今日の目的地神戸に着いた。今神戸の夜景を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごしている。今日の1日

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

  • 漸く晴れた

    雨が続き紫陽花が見頃 今年露地植えにしたマツモトセンノウが見事な群開 早く露地植えにしてあげればよかった

    coosabo

    空Cooパパブログ?

  • 『木天蓼(マタタビ)の花』

    マタタビの花を見るために山県市の神崎川上流まで出かけました~ 山県市の山間部にはマタタビの木がとても多く見られますので道路を走っていても白くなった葉が風...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

  • ウツギヒメハナバチがいました。

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

  • 今日のコチドリ

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

  • 茅花が咲きだしました

    奥には太陽光パネル↑田舎の景色はどこも今はこんなもの…😵オマケ↓牧場アイス🍨茅花が咲きだしました

    青萄

    空見日和

  • 幼鳥のムクドリがいました。

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

  • 庭の紫陽花状況(再掲)      2019.06.08.

    今年も紫陽花の季節になって、庭の紫陽花を週末ごとに眺めてます。今はほとんどの紫陽花が見頃になったけれど、咲き初めの写真をアップしていないから、その後が続かない、ということで・・・・、06.08.の再掲から。三河千鳥万華鏡まだ咲き始め。色付き始め・・・ダンスパーティー青い花だったはずだけどな・・・・アナベルまだ、緑色。ピンクアナベルこちらは逆に咲き始めは色が濃くて、赤に近いかも。セントジョンズワート紫陽花じゃないけれど・・・・、出番がなくなりそうなので。。。庭の紫陽花状況(再掲)2019.06.08.

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

  • 動画で書道を学びましょう!…楚俗饒辞客(楷書編)

    楚俗饒辞客(楷書編)動画で書道を学びましょう!…楚俗饒辞客(楷書編)

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

  • 装飾花に絞りのような質感があって、ユニークな「渥美絞り」(紫陽花シリーズ4)

    渥美絞りの「渥美」は土地の名前で、渥美地方で開発されたためだという。「愛知県の渥美地域(田原市)で栽培されている。この地域では40年以上の栽培の歴史があり、100種以上の品種が生産されているという。渥美絞り(アツミシボリ)はそうした中で生まれたオリジナル品種である」だそうである(園芸品種図鑑)。絞りという着物のデザインからの着想で、いかにも日本らしい命名だと思う。装飾花に絞りのような質感があって、ユニークだ。花の色どりの多彩さではなく、質感で勝負する珍しい品種だろう。(2019-06東京都神代植物公園)園芸品種図鑑渥美絞り(アツミシボリ)はユキノシタ科アジサイ属(ヒドランゲア属)の落葉低木である。分類体系によっては(APG第3版)アジサイ科とされる。ヒドランゲア属はアジアと南北アメリカ大陸に70種くらいが分布す...装飾花に絞りのような質感があって、ユニークな「渥美絞り」(紫陽花シリーズ4)

    アネモス

    野の花 山の花

  • 極小美虫現る!

    朝顔を洗い髭を剃ろうとしたら、突然、小さな小さな虫が近寄って来た。大きさにしたら3ミリくらいだろうか…。とても小さい茶色の虫だ。しっかりと足6本なので、昆虫に…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

  • やっと晴れました!\(^o^)/

    №1028 「写真をクリックして大きくして見て頂けます。」 白百合が咲いてからというもの、ずっと曇りや雨の日ばかり(^_^;)☔ 今朝やっと朝日に眩しいユリを見ることが出来ました(^o^)v やはり色合いが違って見えます! お隣の洋風の壁がより綺麗に見えます😍 雨の日には閉じていた雄しべも何か元気に見えます(^^) 毎日少しづつ上の花に向かって「開花の準備」が移動しています。 先に咲いた花の寿命も結構長そうで、楽しむ時間が増えて嬉しいです(^^) 花が重いはずなのに、全然垂れません! むしろ逆に上を向いているほどの元気さです。(上から覗かないと中が見えない!) そして今朝は新しい喜びが!!\(…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

  • 寂寥の水平線

    美しい夕暮れだった。光が海の波と混じり合い、夕焼けに染まり、小刻みに揺れる。陰影として浮かぶ水平線の船。遠くに見える夕暮れの海の風景。寂寥感を呼び起こす。 

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

  • 休憩しましょ

    心のおもむくまま...

    道草の向こうに

  • 『懐慶地黄(カイケイジオウ)や蛇瓜(ヘビウリ)等の花達~』

    エーザイの薬草園で16日に撮った花達です~ 載せる植物の種類が多いので今日は科属名や学名は省くことにします~♪ 1.『懐慶地黄(カイケイジオウ...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

  • 自動炊飯考察13 - カレー風味サーディンリゾット (2019年06月23日)

    今日も雨、仕方ないので自動炊飯を研究した。

    あんでぃ

    遠い山の記憶

  • ネジバナとミドリヒョウモン

    ネジバナの美しい季節です↑マクロ撮影できる方は是非是非🎵クリオネに似ていますよね🐥こんなところでペシャンコになって死ぬなんて…かわいそうなミドリヒョウモン↑でも翅裏が美しい緑の蝶です↓ネジバナとミドリヒョウモン

    青萄

    空見日和

  • 雨の里山を訪ねて☔

    №1027 音を立てて雨が降っています。 車で走っていると、雨の流れが川のように山道を流れてきます。 ですが・・・不思議なことに(偶然でしょうけど(^^))、私が向かう先々で雨が止み 最終的には上がってくれました(^^) なので傘は全く使わずに写真を撮ることが出来ました。 行った先は言えから15分も走れば着いてしまう「隣町」の里山です。 残念なことに、アザミやノカンゾウが咲いていたはずの斜面は、刈払機でキレイに 刈り取られてしまっていました💧 そこでもう少し先に道を勧めました。 群生地!とまでは言えませんが、毎年咲いてくれる「オカトラノオ」とは 今年初めての顔合わせです。(咲き始めたばかりのよ…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

  • 懐かしい背の高いヒマワリ

    カメラを持って出た時は花も少し増えて居ました。前はヒマワリ畠はこんな花がいっぱいで花に顔を書いたり花芯を抜いて最近は情報も無くなり刈谷市の花情報も皆高年で途切れてパソコンのブログも止まって居ます。懐かしい背の高いヒマワリ

    花との出会いで癒されています。

    花との出会いで癒されています。

  • 早朝のミソサザイ Eurasian Wren

    戸隠植物園で出迎えてくれたミソサザイミソサザイ Troglodytes troglodytes朝日を浴び囀るさらに近くで元気に歌い歓迎してくれる     ...

    Gphoto

    素人写人 雑草フォト爺のブログ

  • 『木曽川水園を歩いて・・・・・』

    木曽川水園は河川環境楽園の一部です・・・・・ 河川環境楽園は国営木曽三川公園の13公園の一つになります~ 木曽川水園は行けば何かが見られるので薬草...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

  • ひたち海浜公園観察会

    茨城生物の会,ひたち海浜公園自然観察会。 海浜公園については昨年の記事があるので,記録として,さらっと見たものだけご紹介します。今日は一般参加者が多く,平均年齢やや低め笑。「ひたちなか自然の森」から巡る順路です。 最初に紹介されたのが,ごく最近公園内への侵入が確認されたメリケントキンソウ,外来有害生物。これがはびこると,芝生に寝転んだ時に実のトゲが刺さるそうです。 クリの花の季節です。花穂の左側をよく見てください。タコの足のようなのが雌花。これがあのクリのイガイガになります。右の雄花はアンタ用済みよと捨てられます。 オオシマザクラの未熟な実。熟した黒い実もありましたが,赤い実大好きのジノ。さん…

    ジノ。

    ジノ。愛と青空の日々

  • 最近のおもちゃ具箱 (2019年06月23日)

    段々と増えてきたので、ダンボール箱に整理してみた。そう、最近の山メシの残量だ。

    あんでぃ

    遠い山の記憶

  • 朴の木と朴葉寿司。ひょっとして、かご編みの方が楽かも?

    こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。 大きな朴の木の葉が茂る季節が来ました。 とても大きくなる木で 葉も大きければ、花もまた大きく、 つぼみも大きく、白くて厚みのある花びらが開いたところは圧巻です。 木の高いところに花が咲くので 気付きにくいのですが、 辺りに ほの甘い いい香りがふわりと漂うので、 あぁ、今咲いているんだと分かります。 山道を歩いていて手が届きそうな所にある朴ノ木を見つけました。 大抵は大木ばかりで、うーんと高い所にしか葉がありませんが、 これなら、葉を収穫?できるかも と思う高さの木を見つけました。 しかしこれが、やはり 近づいて見ると背が高いのです。 …

    山のかご編み屋さん

    紙バンド生活~かご編みと山の暮らし

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧