TOPICS
  • 野菊の木付けの下地作り

    来年の春に、野菊(山菊)の木付けを作るために下準備をしました。流木の裏面に、この秋に花が終わった苗を刈込んで植え込みました。木化していますが、今年の春に新芽から育てたものです。本来、菊は宿根草ですから、花が終わったら地上部は刈り込んでしまい、年内に出て来る「冬至芽」か、来春の「新芽」で育てるのが通常です。種類は、野菊の一種であるキク科キク属の「野路菊」の中の「サツマノジギク」です。盆栽の世界では、「野菊」のことを「山菊」と言うようです。こちらを「表」にする予定です。「裏」です。にほんブログ村野菊の木付けの下地作り

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • しなの鉄道の115系しなの色を…

    しなの鉄道の115系しなの色を…

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • 115系長野色&211系長野色

    偶然でしたが、1770レのEF64機関車を待っている間に通過した下り列車で、115系長野色(しなの鉄道)と211系長野色(JR)を撮りました。しなの鉄道の115系長野色です。JRの211系長野色です。115系長野色&211系長野色

    EF64

    趣味の記録 「鉄道写真」と「紙の工作・お城」「野菊の育成」

    読者になる
  • 深い赤黒の花を咲かせるダリア「黒ダイヤ」(ダリア・シリーズ34)

    まっ黒とは言えないが、深い赤黒の花を咲かせるダリア「黒ダイヤ」。インフォーマルデコラ咲きの中輪の花は迫力がある。(2019-10東京都神代植物公園)ダリア「黒ダイヤ」花径:中輪花型:インフォーマルデコラ咲き草丈:中性太く頑強なステムに中輪ながら重厚な黒紅の花を上向きに咲かせる良花。深い赤黒の花を咲かせるダリア「黒ダイヤ」(ダリア・シリーズ34)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 水平らか…ウトナイ湖

    苫小牧の「道の駅ウトナイ湖」へ寄った。勇払川の水が流れる大湿地帯ウトナイ湖。ここは野鳥のサンクチュアリもあり、豊かな大自然に囲まれている。この日は風も無く正しく明鏡止水。水平らかなウトナイ湖であった。地平線も見えそうなウトナイ湖の周辺だが、上空は飛行機が飛び交い、水面に機影が映っていた。水平らか…ウトナイ湖

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • どこか山茶花を思わせるバラ「かざぐるま」(薔薇シリーズ20)

    日本で育種された一重のバラ「かざぐるま」。赤い花弁が黄色い花芯を取り巻くシンプルな丸弁平一重咲きの花だ。どこか山茶花を思わせる。わらわらとたくさんの花をつけるので見ているほうも楽しくなる。(2019-10東京都神代植物公園)バラ「かざぐるま」かざぐるまKazaguruma作出2000年日本京成バラ園芸株式会社系統Fフロリバンダ交配不明花色赤紅花形丸弁平一重咲き花径中輪芳香超微香開花四季咲き樹高1.3mどこか山茶花を思わせるバラ「かざぐるま」(薔薇シリーズ20)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 帰り道、去年の出会いを思い出して。         2019.10.20.(4)

    帰り道、あけびの実を見つけて道の脇に住みついている野良猫の近くに置いてみた。食べるのかな・・・・それから、帰る途中で去年、クリフウセンタケが出終わった頃に沢山のアミタケに出会った場所を思い出して寄ってみた。車を停めて、車道を歩きながらのり面を見上げながら歩く。cortinariussp.ハツタケそれから斜面の上の方を見上げると・・・・相変わらず、良い勘してるね。アミタケが沢山出始めていた。採り始めていると雨が降り出して、やがて本降りに。アミタケは幼菌も沢山出ているし、雨も降っているのなら続きは明日採った方が大きく育っているだろう・・・・、そう思って採るのは止めてしまった。斜面を降りる途中、ヌメリイグチが幾つか並んで出ていた。ヌメリイグチそれが、今まで見たことがないくらいツバが綺麗に付いている。傘から剥がれて、今...帰り道、去年の出会いを思い出して。2019.10.20.(4)

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

    読者になる
  • サンシュユ(山茱萸)

    サンシュユ(山茱萸)<ミズキ科ミズキ属>落葉小高木。薬用植物(強壮剤)として栽培。樹皮は帯褐色で鱗片状にはがれる。葉は長さ3~10センチの卵状楕円形で、先は鋭く尖る。裏面は有毛で、主脈の基部に褐色の毛のかたまりがある。春に、葉に先だって枝一面に散形花序をつけ、黄色の小さな花を20~30個密に開く。花序の基部に褐色の総苞片が4個ある。花弁と雄しべは4個。果実は長さ1、5センチの楕円形で赤く熟す。サンシュユの枝についている菌で牛乳や豆乳が発酵するという事を聞いたので、試したことがあるが、私は失敗だった。もう少し詳しく調べてまた挑戦したいと思っている。サンシュユ(山茱萸)

    れんげの画像日記

    れんげの画像日記

    読者になる
  • 今朝新千歳空港に行った!

    今朝、見送りで新千歳空港に行ってきた。いつも飛行機に乗る時だけなので、今回は少しの時間空港内の写真を撮った。とは言え、駐車場、広い空港内の中央広場、そして飛行…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

    読者になる
  • 今朝の新千歳空港

    今朝、見送りで新千歳空港に行ってきた。いつも飛行機に乗る時だけなので、今回は少しの時間空港内の写真を撮った。とは言え、駐車場、広い空港内の中央広場、そして飛行機などの5枚だけ。見送っただけなので、これだけの写真だった。そして、聖火を持ったドラえもんがいた。今朝の新千歳空港

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • 庭からようやく、きのこの山へ         2019.10.20.(3)

    アマタケ?毎度のことなんだけど、庭の散策を終えてようやく近くの里山へ。いつも車を停める場所に着いて外に出ると、前回は乾燥してチョリチョリになっていた、アマタケ?の辺りに若い菌が出ていた。同上ちょっと老菌ようやく、きのこが出始めたのかな・・・・、と期待して川沿いの道を歩いて行くのだが、相変わらず、ほとんどきのこの姿は見えない。例年、クリフウセンタケが沢山出る斜面に行って覗いてみたけれど、何と・・・・クリフウセンの代りに見えたのは、トグロを巻いた蝮。一気にやる気を無くし次の場所へ。確かにきのこは出始めてはいるのだろうけれど・・・・例年であればこの時期にはきのこだらけの場所には・・・・サクラシメジこれ、一本。ひと回りした最後の辺りで・・・・クリフウセンタケ老菌これは見たくなかったな。やっぱり、クリフウセンタケはちょっ...庭からようやく、きのこの山へ2019.10.20.(3)

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

    読者になる
  • 『岩戸森林公園の紅葉風景と木の実達~』

    どこかに出掛ける予定がなかった9日に一人で岩戸森林公園に行きました・・・・・ ここで毎年見ている飯桐(イイギリ)の実が赤くなっているのではないかと思い行...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • なかなか藪から出てこなかったソウシチョウがやっと出て来ました。

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • その手があったかヒメジョオン/堂々としてりゃバレないんだよ,という話

    黄色く輝くのはこの場の主役,ツワブキ。前にもハマギクとセットで記事にした晩秋の名花です。問題なのはツワブキの手前,テレビ中継のカメラの前にしゃしゃり出たお調子者みたいな。ヒメジョオンです。雑草です。

    ジノ。

    ジノ。愛と青空の日々

    読者になる
  • このシーズンは会う機会の少ないジョウビタキ メス

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • 久し振りのカシラダカ

    主に東京の公園(一箇所)で出会う野鳥達です。

    オカタカ

    野鳥を友に

    読者になる
  • 400mmの望遠レンズが欲しくて。

    №1122 どの趣味の世界にも「沼」なるものがあるらしく(^^)、特に「レンズ沼」は 「底なし」の沼らしいです(^_^;) 確かに鳥を撮るために備える「超望遠レンズ」になると・・・?百万円もします! 最もバイクやら車の趣味と言ったら、そんな値段を遥かに超えますけどね💦 しかも乗り物は「消費する道具」ですし・・・やはり各人の「価値観」で決まり ますね(^_-)-☆ もちろん私にはその様な資力は無いので、せいぜい「400mm」程度が撮れる 「中古品」で十分です😅 でも、NikonやCanonなどの望遠レンズを買おうとすると、中古でも5〜7万します。 ヤフオクで80ー400mmのNikon を競りま…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

    読者になる
  • 露地植えの菊

    路地の菊もこれだけ冷えるともう終わりになると思います。畠の作物も皆ネットの保護で霜除けですが前は路地の菊も覆いが掛けて有るのを見ましたが最近は墓花もJAの花で温室育ちになって来ています。露地植えの菊

    花との出会いで癒されています。

    花との出会いで癒されています。

    読者になる
  • 「退職手続きの日」でした。(20日)

    №1121 一年間の「休職制度」を適用してもらい(本来ならパート職員には不適用)、 いつでも復職できるように、健康保険も生かしてもらって来ましたが、この11月で その期間が終了となり、早めの20日(昨日)を総務に予約しておいたので行って 来ました。 職場までの片道約30km・・一度も遅刻をしたことの無い遠い道のりでした。 約9年間通い続けて道を、昨日は今までとは違った思いで走りました。 職場は「上尾市」。 川島町を突っ切る形の通勤路。 「下狢(しもむじな)交差点」です。 場所は同じでもコンビニも会社が変わりました。 大雨が降ればすぐに水の出るネックな場所でもありました😓 でも今日は清々しいほど…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

    読者になる
  • モラエア・シシリンキウム Moraea sisyrinchium

    アヤメ科、Iridaceae、モラエア属、イベリア半島原産の多年草、球根植物、学名:Moraeasisyrinchium、和名:セイヨウヒメアヤメ、英名:BarbaryNutIris、葡名:Pé-de-burro、Ginandrire-revestida、Liro-roxo-pequenos、Maios-pequenos、Pee-de-burrico、2008年4月、2014年3月24日、2015年4月29日、2016年1月29日、2月22日、3月10日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で、2010年4月22日、2018年5月15日、アレンテージョ地方で撮影モラエア・シシリンキウムMoraeasisyrinchiumの花。花の直径は3センチほど。野原に群生している。草丈はせいぜい15センチほど。シロツメクサに囲...モラエア・シシリンキウムMoraeasisyrinchium

    MUZVIT

    ポルトガルの野の花

    読者になる
  • 白と黄色の花弁がまじりあうダリア「レモンミルク」(ダリア・シリーズ33)

    真っ白のミルクにレモンを注いだように、白と黄色の花弁がまじりあうダリア「レモンミルク」。フォーマルデコラ咲きの花で、中輪だが大きく見える。(2019-10東京都神代植物公園)ダリア「レモンミルク」生産地/作出者秋田国際ダリア園/鷲澤幸治氏サイズ(花径)中小輪(花径が平均13cm前後)花型FDフォーマルデコラ咲き草丈中性(80-100cm)花色黄先白-黄白と黄色の花弁がまじりあうダリア「レモンミルク」(ダリア・シリーズ33)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 庭の花、写真だけでも・・・・続         2019.10.20.(2)

    去年かな?一昨年?、新しくノコンギクの園芸種を3種、庭に植えたのだが、それが殖えて咲き始めている。濃い紫色のものと桃色のノコンギク。園芸種といえども雑草のような強さと繁殖力は健在だ。残る1種はまだつぼみ。それと、ノコンギクというともう一種・・・・エゾノコンギクちょっと花が小さ目で、紫色が濃い。南の庭一杯に広がっているノコンギク達はまだ、つぼみであと1週間くらいで開いて来るのかな。番外多分、ヨメナモモイロタニガワコンギク他の菊たちはどれも花が咲くのは先のことなのだが、写真を並べておく。イソギクギンヨウサツマノギククニサキノギク実はいつの間にか、これはナカガワノギクだと思い込んでいたのだが、ちょっと前に那賀川に行ってナカガワノギクを見てみたら、違うことに気が付いた。その時の話は後日。アシズリノジギクアシズリノジギク...庭の花、写真だけでも・・・・続2019.10.20.(2)

    今日もきのこ 観察日記

    今日もきのこ 観察日記

    読者になる
  • シラサギとその仲間達

    水鳥が活発な季節になっている。湿原にハクチョウやガン、カモ等が集い、大賑わい。そんな中に単独行動のシラサギがいる。シラサギとハクチョウ、シラサギとガン。寒いと…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

    読者になる
  • シラサギとその仲間達…

    水鳥が活発な季節になっている。湿原にハクチョウやガン、カモ等が集い、大賑わい。そんな中に単独行動のシラサギがいる。シラサギとハクチョウ、シラサギとガン。寒いとは言え、水鳥達の動きは元気がいい。シラサギとその仲間達…

    shoun

    楽しく学ぶ翔雲書道教室

    読者になる
  • トベラ(扉・海桐花)

    トベラ(扉・海桐花)<トベラ科トベラ属>暖地の海岸に多い、常緑低木。雌雄異株。枝や葉、根に臭気がある。葉は枝の上部に密に互生し、長さ5~10センチの長楕円形で革質。表面は深緑色で光沢があり、裏面は淡緑色。しばしば、ふちが裏面にまいたりする。4~6月、本年枝の先に集散花序をだし、芳香のある白い花を上向きに多数開く。花はのちに黄色くなる。花弁は5個で長さ9~11ミリのへら形。萼片は5個で長さ約3ミリの卵形。雄花の雄しべは5個で、花糸は約7ミリ。雌花では花糸が短く、葯も小さい。雌しべは1個。蒴果は直径1~1,5センチの球形で、灰褐色に熟して、3つに裂け、赤い粘った種子を出す。トベラ(扉・海桐花)

    れんげの画像日記

    れんげの画像日記

    読者になる
  • 令和元年北海道功労賞贈呈式

    令和元年北海道功労賞贈呈式が、今日札幌京王プラザホテルを会場に、厳粛な雰囲気の中行われました。今年の北海道功労賞は、わが師小原道城先生が文化振興への貢献として…

    shoun

    時代の地滑り(親父の小言)

    読者になる
  • 『エーザイ薬樹園の実達~』

    河川環境楽園からエーザイの薬草園・薬樹園に向かいました・・・・・・ 今の季節はここも花が少なくなるので木々に生っている実を見るくらいだけですが時々寄って...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • 麒麟団扇に乗せた今年の実生苗②

    乗せた後ビニールをかぶせて密封すると 成功率が格段に上がりました 大疣

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる
  • 初冬の多肉など

    葉緑素が殆どないのに元気になったきた このまま育つのでしょうか

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる
  • 初冬の花々

    爪蓮華 大谷石の隙間に根を下ろして シャコバサボテン

    coosabo

    空Cooパパブログ?

    読者になる
  • 山茶花?

    椿は済んで山茶花は蕾ですが此処では白い花葉は山茶花の葉ですが同じ敷地内で未だエンゼルトランペットが咲いて居ますが余り広くはない屋敷に色々植えて有りますが前は親戚の地所と言う場所で花も畠作って居られたが家が建って今は家の周りでそれでも季節が分からなくなる花でした。山茶花?

    花との出会いで癒されています。

    花との出会いで癒されています。

    読者になる
  • メンタ・プレギウム Mentha pulegium

    シソ科、Lamiaceae、ハッカ属、ヨーロッパ・地中海沿岸地域原産の多年草、薬用植物、学名:Menthapulegium、和名:メグサハッカ(目草薄荷)、ペニーロイヤルミント、フリーミント、英名:Pennyroyal、FleaMint、SquaweMint、MosquitoPlant、PuddingGrass、仏名:Menthepouliot、葡名:Poejo、2008年7月、2014年7月17日、21日、27日、8月3日、2015年7月5日、2016年8月27日、10月27日、2017年6月25日、ポルトガル・コスタアズール地方で、2015年5月23日、アレンテージョ地方で、2015年6月13日、ベイラ地方で撮影Menthapulegiumペニーロイヤルの花。2センチほどの小さなかたまりで段々に咲く。一つの...メンタ・プレギウムMenthapulegium

    MUZVIT

    ポルトガルの野の花

    読者になる
  • 『河川環境楽園の実と鳥~』

    各務原市の市民公園から川島の国営木曽三川公園・河川環境楽園に行きました~ 普段は笠松側からトンボ天国自然公園を過ぎて駐車場に行きますがこの日はオアシスパ...

    shizenkaze

    自然風の自然風だより

    読者になる
  • 休憩

    心のおもむくまま...

    道草の向こうに

    読者になる
  • またまたお金が掛る事が・・(TT)

    №1120 今年の夏に気づいたことなのですが・・・ ベランダのERPの防水加工部分が、踏むと「ブカブカ」するんです(TT) きっと経年劣化で何処かが割れて、そこから雨水が少しづつ沁みて行ったのだと 思います。 やっと雨の時期が過ぎたので、一思いにその場所を切り取って「開けて」みました。 結果は想像通りでした!(TT) ベランダの端っこ部分なので、雨天時は常に水が溜まりそうな場所。 全部ではないですが、分厚い合板の一部が水の侵入で腐り、もう土のように ボロボロと剥がれました💧 右端の黒い部分は「穴」でして、ベランダの下側まで「空間」になっています。 明かりを点けて見た限りでは、どうやら濡れてはい…

    ばう

    毎日が『一番新しい日』前向きに(^^)/

    読者になる

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧