TOPICS

宿根草・多年草 新着記事

1件〜50件

  • 花は、満開に成ってきています。

     ゼラニューム クロ葉 ピンク色の花は  満開に成ってきています。  今回、咲いた花は長い事咲き続けて  いますね。  最近は、朝晩の気温が下がり始めてきて  いて、ソロソロゼラニュームの株の冬  支度を考える時期が近づいていますね。  ゼラニュームの花を見るのも終わりに  近づいて来てるいるのかな・・・  段々と冬に近づいて来て咲く花が…

    rougan

    ゼラニュウム

    読者になる
  • 竹島のニラ  Allium senescence

    セツカヤマネギ(石花山葱:アリウム・セネスケンケ:Allium senescen...

    ピーテック

    alpicola-blog

    読者になる
  • 種まきパンジーの様子

        9月中旬にアップしたパンジーです。    1ヶ月経って、ようやくこのくらいの大きさに (*^-^*)いつも応援ありがとうございます。...

    ちぃちぃ

    小さなお庭で・・・

    読者になる
  • 日本ムラサキ2019産種子、発芽試験

    「本年度産のムラサキの種の発根試験」本年度産のムラサキの種子の減収は免れない様だ。従って落ちこぼれそうな種を見つけては、1茎1茎カットして集める。今の処、合計50g程度だ。1粒も落とすまいとビニール袋入れるのだが少し触れただけで落ちる種がある。種子の白化現象がある。茎が枯れて、葉が枯れ落ち種が残ると種は白化する。その内未熟な種子は選別作業で除外種となる。茎が緑を保ちながらの白化は、完熟種か未熟な種かは不明である。未熟種であれば選別作業で除外種となる。結実してから長く風雨にさらされての場合は選別作業で残る。完熟した種である。簡単にはこぼれ落ちない。茎を完全に乾燥させると、割合種も簡単に落ちるが割れた葉も沢山落ちる。種の選り分け作業が一仕事となる。葉が乾燥で割れない内に種を取り出す。この容器バットは銅版画腐食用で底...日本ムラサキ2019産種子、発芽試験

    紫草(日本ムラサキ)の記

    紫草(日本ムラサキ)の記

    読者になる
  • 台風19号

        昨日の空の様子です。台風19号が過ぎ去り、雲が多いものの青空が広がりました。今日は雲が多く、また雨が降るようです。    思ったより風はひどくなかったので、植木鉢は倒れたり転がったりすることもありませんでした。    オリーブの鉢植えはデッキから降ろして、台風がやってくるまえに倒して寝かせておきました。     こちらは多肉植物の“七福神”です。もともと元気がなかったうえに、雨に打たれてこんな感...

    ちぃちぃ

    小さなお庭で・・・

    読者になる
  • 暑さに参ったシクラメン・プルプラケンス  Cyclamen purpurascens

    シクラメン・プルプラケンス(Cyclamen purpurascens:サクラソ...

    ピーテック

    alpicola-blog

    読者になる

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧