木の実・種 新着記事

  • 木に着生するラン科のセッコクの優雅な花

    木に着生する蘭のセッコクの花が、六月初めの高尾山でまだ咲いていた。五月にいったときに撮影し損ねていたので、うれしかった。最初の白い花の写真は野草園のもの。次のピンクの花の写真はさる園のもの。優雅な花で、人気も高いらしい。(2019-06東京都高尾山)セッコクセッコク(石斛、学名:Dendrobiummoniliforme)は、単子葉植物ラン科の植物。日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物である。概説茎は細長く、堅く、始めは緑色を帯び、通常は後に黒紫色になる。多数の節があり、節ごとに出る葉の基部の鞘に包まれる。一年目の茎には節ごとに葉がある。葉は細い楕円形で、厚くやや堅く、つやがある。葉は年の終わりには葉鞘との間で脱落する。新しい芽は古い茎の基部から横に顔を出す。また、茎の先の方から新しい芽が伸...木に着生するラン科のセッコクの優雅な花

    アネモス

    野の花 山の花

  • 宵待草のやるせなさ

    待てど暮らせど来ぬひとを宵待草のやるせなさ今宵は月も出ぬそうなという竹久夢二の歌で懐かしいマツヨイグサだが、最近では見かけることが少なくなって寂しい。大マツヨイグサとメマツヨイグサはしぼむと赤くならないらしいので、これはマツヨイグサらしいのだが。俳句の世界では白の月見草と一緒に歌われている。ヒルザキツキミソウに似た月見草も最近みかけなくなって寂しい。「人の世に月見草あり夜明あり星野立子」(2019-06川崎市路傍)マツヨイグサマツヨイグサ(待宵草、学名:Oenotherastricta)は、アカバナ科マツヨイグサ属の一年草。分布原産地はチリやアルゼンチンといった南米で、嘉永年間(1848年?1853年)に日本にもたらされ、当初観賞用として植えられていたものが逸出し、昭和30年代に同属のオオマツヨイグサO.ery...宵待草のやるせなさ

    アネモス

    野の花 山の花

  • 今の時期に貴重な白い花を咲かせるクマノミズキ

    クマノミズキがいたるところで花を開いている。ミズキよりもおよそひと月ほど花期の遅いクマノミズキは、白い花が少なくなった時期だけに貴重だ。写真のは神代植物公園のものだが、近くの公園でも花を開いていて、おやと思わせる。神代植物公園では数本のクマノミズキが天にそびえるほどに花をつけていて、圧巻だった。(2019-06東京都神代植物公園)クマノミズキクマノミズキ(熊野水木、学名:Swidamacrophylla)はミズキ科ミズキ属の落葉高木。特徴樹高は8-12m。若枝はほぼ無毛で4-6の縦稜がある。葉は、長さ1-3cmの葉柄をもって枝に対生し、形は卵形または楕円形で、先端は長い鋭尖頭で基部はくさび形、縁は全縁。葉身の長さ6-16cm、幅3-7cmで、裏面はやや粉白色になる。花期は6-7月。新枝の先に、径8-14cmの散...今の時期に貴重な白い花を咲かせるクマノミズキ

    アネモス

    野の花 山の花

  • コボウズオトギリ

    [画像] 撮影日:2019/06/17 撮影場所:大岡山 家から駅までの通勤途中で見つけました。 赤い実を付ける植物は多いですが、可愛いピンクの実はそう多くはないですね。 世界中で栽培されてい…

    まるかつ

    まるかつ観察日記『何の実?』

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧