TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

木の実・種 新着記事

NEW POST
help
  • 鮮やかなピンクの花弁がみごとなダリア「富士の泉」(ダリア・シリーズ 20-008)

    鮮やかなピンクの花弁がみごとなダリア「富士の泉」。八重の大輪がゆったりと咲いているので、それほど暑さを感じさせない。この花は昨年の夏に神代植物公園でもみかけた。秋田国際ダリア園で作出された品種。(2020-07町田)ダリア・シリーズ「ファーンクリッフ・タンゴ」(ダリア・シリーズ20-001)「グリーンドー」(ダリア・シリーズ20-002)「ブルックサイド・スノーボール」(ダリア・シリーズ20-003)「桜妃」(ダリア・シリーズ20-004)「ファンタジー」(ダリア・シリーズ20-005)「ファースト・レディ」(ダリア・シリーズ20-006)「ニコリ」(ダリア・シリーズ20-007)鮮やかなピンクの花弁がみごとなダリア「富士の泉」(ダリア・シリーズ20-008)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 赤の花弁が先端で白を帯びるダリア「ニコリ」(ダリア・シリーズ 20-007)

    赤の花弁が先端で白を帯びるダリア「ニコリ」。おとなしくまとまったフォーマルデコラ咲きの中輪だが、名称の由来は不明。(2020-07町田)ダリア・シリーズ「ファーンクリッフ・タンゴ」(ダリア・シリーズ20-001)「グリーンドー」(ダリア・シリーズ20-002)「ブルックサイド・スノーボール」(ダリア・シリーズ20-003)「桜妃」(ダリア・シリーズ20-004)「ファンタジー」(ダリア・シリーズ20-005)「ファースト・レディ」(ダリア・シリーズ20-006)赤の花弁が先端で白を帯びるダリア「ニコリ」(ダリア・シリーズ20-007)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • ペルーの高地の遺跡に生えていたラン「マスデバリア・ビーチアナ」(蘭シリーズ 20-90)

    ペルーの高地の遺跡に生えていたラン「マスデバリア・ビーチアナ」。低温の環境を好むらしい。鮮やかなオレンジ色の大きな花はあまり蘭らしくないが、緑の葉との対比はきれい。(2020-06東京都神代植物公園)マスデバリアとはマスデバリアは、主に南アメリカ、アンデス山脈の標高1500m以上の高地に自生する小型の洋ランで、年間を通して不定期に、小型の花を次々に咲かせます。バルブをもたない洋ランで、葉がやや肉厚です。やや弱めの日ざしを好み、強光は嫌います。湿潤な環境を好むように思われていますが、じつは乾燥にもよく耐えます。ただし野生では、霧が頻繁にかかる場所や川沿いなどの、湿度が高い場所に多く自生するので、十分な湿度を保って管理するとよいでしょう。色彩鮮やかな原種も多くたいへん魅力的ですが、冷涼な環境を好むために栽培はやや難...ペルーの高地の遺跡に生えていたラン「マスデバリア・ビーチアナ」(蘭シリーズ20-90)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)