TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

球根植物 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    端午の節句が祝日なのに、桃の節句が祝日でない理由

    つい先日までやっていたアリバイを崩すドラマの録画を見ていたのですが、その中のある人が言ってたんです、どうして端午の節句は祝日なのに桃の節句は祝日でないのかって。 確かにそうだ、どうしてだろう? ということで調べてみました! 桃の節句とは 桃の節句は現在で言う所のひな祭りに当たります。 3月3日に行われますが、ちょうど桃の花が咲く時期であることから桃の節句と呼ばれるようになります。 平安時代に行われていた薬草で体の汚れをお祓いして、健康を祈願する上巳の節句が始まりとされています。 江戸時代に入ると女の子の人形遊びであるひいな遊びと桃の節句が紐付いて、ひな祭りという形で全戸に広まっていきました。 端午の節句とは 端午の節句の端ははじめという意味で、午は午の月(旧暦5月)のことで、元々5月の午の日を祝っていたものでした。 それが後に5が重なる5月5日に祝うようになり、現在の5月5日に端午の節句が行われるようになりました。 鎌倉時代の頃に菖蒲の発音が尚武と一緒である事や、菖蒲の葉が剣の形をしている事から端午の節句は男の子の成長を祝うお祭りへと変わっていきました。 歴史的背景 桃の節句も端午の節句もどちらも五節句と言われるもののうちの1つです。 人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句 上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 江戸時代まではこれらは全て祝日として扱われており、大事な行事として祝われていました。 しかし、明治に入り新暦が導入されると同時にこれらの祝日は廃止されてしまいました。 こどもの日とは 現在祝っているこどもの日は端午の節句と同じものではありません。 これは戦後に制定された祝日で、男女関係なく、子どもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日として決められました。 ちなみに、こどもがひらがななのは子どもや読めるようにという配慮があるそうです。 こどもの日は男の子のお祭りではなく、男女関係ない、子どもの為の祝日なのです。 まとめ 端午の節句が祝日なのに、桃の節句が祝日でない理由ということで調べていましたが、前提が間違っていました。

    たんの人

    平成忍者は静かに暮らしたい

    読者になる
  • 2位

    水耕栽培でハオルチアは復活するか(その7)

    調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて40日たちました。 なんだかんだいって水耕栽培でかなり復活してきています。 このまま水耕栽培でずっと育てるのもありかなと少し考えています。 とか言いつつ、本日は事件のご報告です。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 さて、今朝綺麗になったな〜とうっとり見ていたんですよ。 東向きの出窓で育てているので、朝日が入っていると窓がスケスケでいい感じです。 うんうん、良い透けでございます。 若干ところどころ紫っぽいのは植物用LEDの色です。 前回気になっていた花芽か花芽じゃないか問題ですが、花芽でした。 うん、これはどう見ても花芽ですね。 花を咲かすのならば今ストレス与えるべきではないですよね。 そう思うと土に埋めるのはちょっと抵抗があるんですよ。 ん? あれ、これなんだ? これってまさか・・・。 藻? 藻ですか? 藻なんですか? 洗います。 1週間忙しくてろくに水換えもせずにいたらなんか藻っぽいものが生えてしまいました。 部屋の中が暖かいのって最高と思っていましたが、思わぬ水耕栽培の障壁といいますか、デメリットがこんなところで露呈しましたね。 器を洗うのは当たり前として、根っこも洗ったのですが、株をもった感じ最初に土から抜いた時と違いどっしり重たく、かたくしまった株になっていました。 ちょっとずつ元気になっているんだなと実感しました。 こんなに水も替えずに放置していてごめんよ・・・。 というわけで、水を替えた姿がこちら! 見てください、この美しい窓を! あ、このスケスケの所を窓っていうんです。 急にマニアックな言い方をしてすみません。 最初に土から引っこ抜いた時はこれですよ。 本当に見違えるぐらい元気になりましたね。 このままで比較写真を作ってもよかったのですが、やはり午前中は日光が強くなんか雰囲気がちがうので夜に撮り直しました。 比較写真はもはやなくてもいいかもしれませんね。 なくてもどれだけ復活しているかはぱっとみでわかりますし。 でも、毎回作っていたので、どうせですし記録のため今後も作っていこうと思います。 さて、大分元気になってきましたね。

    たんの人

    平成忍者は静かに暮らしたい

    読者になる
  • 3位

    アデニウムの育て方

    「砂漠のバラ」とも呼ばれ綺麗な花を咲かせるアデニウム。 その基本情報から育て方のコツや冬に枯らせないための工夫をまとめてみました。 みんなで元気なアデニウムを育てましょう! 基本情報 アデニウムとは アラビカ半島やアフリカ原産のヨウチクトウ科アデニウム属の多肉植物です。 多肉植物の中でも茎や根が太く膨らんでいるのが特徴で、乾燥地帯でも生きていけるように水分が多く蓄えられるようになっています。 ずんぐりむっくりな樹形はなかなか愛くるしいですよ。 種類 日本でアデニウムと言うと、一番多く一般的に流通しているのが「アデニウム・オベスム」という種類になります。 またの名「砂漠のバラ」でよく知られている種類です。 オベスムの原産国はアフリカのケニヤやタンザニアになります。 根元が太く丸く大きく育ちそこからすっと幹が伸びます。 私が育てているのは「アデニウム・アラビカム」になります。 アラビア半島原産で同じく根元が太く育つのですが、オベスムと違い全体的にずんぐりむっくりな感じで多くの枝を生やします。 また、ちょっとレアな種類ですと「アデニウム・ソコトラナム」という中東イエメンのソコトラ島原産なものもあります。 ソコトラ島は神秘の島といわれており、その独特の生態系が乱されないよう海外への持ち出しが厳しく規制されています。 ソコトラムの特徴としては、横から見ると王冠のような形をしています。 ぱっと見はアラビカムとそうかわらないと思います。 開花時期 アデニウムは一般的に4月から10月頃まで花を咲かせます。 薄いピンクから鮮やかな赤や紫がかった花を咲かせます。 アデニウムの花言葉には「純粋な心」や「一目惚れ」などがあります。 ぷっくりとしたユニークな姿が人の目を引き寄せるということが由来していると言われています。 育て方 水やり 春 アデニウムは夏型の植物です。 つまりは暖かいと育つということです。 春は休眠から目を覚ます時期です。 新芽が出始めたら少し水をあげて、大きくなるにつれて水やりの回数を増やしてください。 水やりをする前に必ず用土が乾いている事を確認ください。 あげすぎは根腐れの原因になります。 夏 夏はアデニウムにとって一番元気よく成長する時期です。

    たんの人

    平成忍者は静かに暮らしたい

    読者になる

続きを見る

  • オキザリスが大好きで育てています

    オキザリスが大好きで育てています

    オキザリスが大好きで育てていますが、 私は秋から春の花がほとんどです。 いろいろな種類がありますが、写真を見せて頂けたら嬉しいのですが、宜しく。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 10人

  • 花のある生活

    花のある生活

    花のある生活。 インテリアに花を取り入れたり、ちょこっと花を飾ってみたり、お庭の花や、お散歩の途中で花を摘んでみたり。花のある生活ってちょっといいと思いませんか? こんな花を、こんな風に、こんなところに、お花のある生活を楽しんでいる方、ぜひ教えてください。

    テーマ投稿数 9,537件

    参加メンバー 640人

  • 生け花教室

    生け花教室

    色々な流儀、アレンジやプリザーブドも。 お花屋さんやお花の大好きな皆さん。 習い事の話をどうぞ。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 4人

  • すみれ・スミレ・菫!

    すみれ・スミレ・菫!

    野に咲くスミレでも、庭に咲くスミレでも。 スミレに関する記事を書いたらお気軽にトラックバックしてください。 ※1年草のパンジー・ビオラは除く。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 15人

  • 押し花ヴィレッジ

    押し花ヴィレッジ

    押し花を楽しんでいる人 これから押し花を楽しみたい人 作品を見て楽しみたい人 押し花ってなんだか知らない人 とにかく、押し花という言葉に興味を持った人 そんな方たちに集まってもらいたいです。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 7人

  • Flower Work

    Flower Work

    花を日々慈しんでおられる人、花を仕事にしている人、ガーデニングを日々楽しんでいるなど、日々の暮らしに一度は花と戯れておられる方のトラコミュです。

    テーマ投稿数 1,195件

    参加メンバー 53人

  • パノラマで見る風景

    パノラマで見る風景

    風景・街並みや自然の本格的なパノラマ写真をたのしみましょう。

    テーマ投稿数 37件

    参加メンバー 6人

  • 環境・・・自然

    環境・・・自然

    自然に接している人達の環境に対する危機感や感じたことなど環境に関する事ならば何でもOKです。

    テーマ投稿数 149件

    参加メンバー 39人

  • Flower & Green

    Flower & Green

    花と観葉植物のトラコミュです。 あなたの好きな花、お気に入りの観葉植物、種類は問わず、花木、苗、草花、薔薇、グリーン、多肉植物、ハンドメイドのガーデン、ETC...気軽にトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 20,216件

    参加メンバー 927人

  • エンジョイライフ集合!

    エンジョイライフ集合!

    猫で癒しな生活と、ガーデニング、お菓子作りなどエンジョイライフ集合!

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 15人

続きを見る

  • 水耕栽培でハオルチアは復活するか(その7)

    調子が悪くなっていた巨大赤線オプツーサを水耕栽培に切り替えて40日たちました。 なんだかんだいって水耕栽培でかなり復活してきています。 このまま水耕栽培でずっと育てるのもありかなと少し考えています。 とか言いつつ、本日は事件のご報告です。 水耕栽培に切り替えた経緯について書いているので、読んでない方はこちらから順番にどうぞ。 さて、今朝綺麗になったな〜とうっとり見ていたんですよ。 東向きの出窓で育てているので、朝日が入っていると窓がスケスケでいい感じです。 うんうん、良い透けでございます。 若干ところどころ紫っぽいのは植物用LEDの色です。 前回気になっていた花芽か花芽じゃないか問題ですが、花芽でした。 うん、これはどう見ても花芽ですね。 花を咲かすのならば今ストレス与えるべきではないですよね。 そう思うと土に埋めるのはちょっと抵抗があるんですよ。 ん? あれ、これなんだ? これってまさか・・・。 藻? 藻ですか? 藻なんですか? 洗います。 1週間忙しくてろくに水換えもせずにいたらなんか藻っぽいものが生えてしまいました。 部屋の中が暖かいのって最高と思っていましたが、思わぬ水耕栽培の障壁といいますか、デメリットがこんなところで露呈しましたね。 器を洗うのは当たり前として、根っこも洗ったのですが、株をもった感じ最初に土から抜いた時と違いどっしり重たく、かたくしまった株になっていました。 ちょっとずつ元気になっているんだなと実感しました。 こんなに水も替えずに放置していてごめんよ・・・。 というわけで、水を替えた姿がこちら! 見てください、この美しい窓を! あ、このスケスケの所を窓っていうんです。 急にマニアックな言い方をしてすみません。 最初に土から引っこ抜いた時はこれですよ。 本当に見違えるぐらい元気になりましたね。 このままで比較写真を作ってもよかったのですが、やはり午前中は日光が強くなんか雰囲気がちがうので夜に撮り直しました。 比較写真はもはやなくてもいいかもしれませんね。 なくてもどれだけ復活しているかはぱっとみでわかりますし。 でも、毎回作っていたので、どうせですし記録のため今後も作っていこうと思います。 さて、大分元気になってきましたね。

    たんの人 平成忍者は静かに暮らしたい
    読者になる
  • 端午の節句が祝日なのに、桃の節句が祝日でない理由

    つい先日までやっていたアリバイを崩すドラマの録画を見ていたのですが、その中のある人が言ってたんです、どうして端午の節句は祝日なのに桃の節句は祝日でないのかって。 確かにそうだ、どうしてだろう? ということで調べてみました! 桃の節句とは 桃の節句は現在で言う所のひな祭りに当たります。 3月3日に行われますが、ちょうど桃の花が咲く時期であることから桃の節句と呼ばれるようになります。 平安時代に行われていた薬草で体の汚れをお祓いして、健康を祈願する上巳の節句が始まりとされています。 江戸時代に入ると女の子の人形遊びであるひいな遊びと桃の節句が紐付いて、ひな祭りという形で全戸に広まっていきました。 端午の節句とは 端午の節句の端ははじめという意味で、午は午の月(旧暦5月)のことで、元々5月の午の日を祝っていたものでした。 それが後に5が重なる5月5日に祝うようになり、現在の5月5日に端午の節句が行われるようになりました。 鎌倉時代の頃に菖蒲の発音が尚武と一緒である事や、菖蒲の葉が剣の形をしている事から端午の節句は男の子の成長を祝うお祭りへと変わっていきました。 歴史的背景 桃の節句も端午の節句もどちらも五節句と言われるもののうちの1つです。 人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句 上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 江戸時代まではこれらは全て祝日として扱われており、大事な行事として祝われていました。 しかし、明治に入り新暦が導入されると同時にこれらの祝日は廃止されてしまいました。 こどもの日とは 現在祝っているこどもの日は端午の節句と同じものではありません。 これは戦後に制定された祝日で、男女関係なく、子どもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日として決められました。 ちなみに、こどもがひらがななのは子どもや読めるようにという配慮があるそうです。 こどもの日は男の子のお祭りではなく、男女関係ない、子どもの為の祝日なのです。 まとめ 端午の節句が祝日なのに、桃の節句が祝日でない理由ということで調べていましたが、前提が間違っていました。

    たんの人 平成忍者は静かに暮らしたい
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧