TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

木の実・種 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    早春に出会うのが楽しみな「ヒトリシズカ」(高尾の花12)

    早春に出会うのが楽しみな「ヒトリシズカ」。名前のよさも忘れられない。見えるのは雄しべだけで、花びらも萼もないというユニークな花だ。(2020-03高尾山)ヒトリシズカセンリョウ科山麓から山の上までの林下や草原に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。茎の上部に4枚の葉が茎をかこむようについており、その中心から1本の白い花序(かじょ:花をつけた茎)が立っている。その姿を優雅に舞う静御前(しずかごぜん)にたとえて「一人静」の名が付けられた。花序の長さは3センチほどで、白いブラシのようである。白く見えるのはすべて雄しべで、花びらも萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)もついていないところが特徴である。茎は真っすぐに立ち、のびはじめのころは赤紫色を帯びているものが多い。葉は長さ約6~10センチの先がとがった楕...早春に出会うのが楽しみな「ヒトリシズカ」(高尾の花12)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 2位

    釣り鐘状の赤い花が下向きにたわわに咲く「カンヒザクラ」(20-032)

    釣り鐘状の赤い花が下向きにたわわに咲く「カンヒザクラ」。漢字では寒緋桜で、寒い頃から花をつける緋色の桜の意味である。学名はCerasuscampanulataで、campanulataは小さな鐘の意味である。街路にもよく植えられていて、深紅の花がほかの桜に先駆けて花を開いて、目を引く。(2020-03東京都神代植物公園)カンヒザクラ(寒緋桜、学名:Cerasuscampanulata(Maxim.)Masam.&S.Suzuki)はバラ科サクラ属の植物。サクラの原種の一つ。旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもある。別名ヒカンザクラ(緋寒桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言う。ヒガンザクラ(彼岸桜)とは異なる。分類サクラの属名は日本では長い間Prunus、和名で...釣り鐘状の赤い花が下向きにたわわに咲く「カンヒザクラ」(20-032)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる
  • 3位

    高尾山の谷沿いの道に小さな白い花をたくさん開いていた「ユリワサビ」(高尾の花13)

    高尾山の谷沿いの道に小さな白い花をたくさん開いていた「ユリワサビ」。うっかりすると見落とすような花だ。ワサビに似た花と葉をつけ、百合に似た球根をつけるためにこの名前がある。ワサビとアブラナ科ワサビ属の多年草だが、ワサビの代用には使えないので、イヌワサビとかハナワサビとも呼ばれる。早春の可憐な花である。(2020-03高尾山)ユリワサビ沢沿いの湿り気がある小石が多い場所に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。早春の花のなかでもいち早く咲く花のひとつである。葉が枯れたあと、柄(え)のもとの部分がふくらんで根もとに残る。それがユリの鱗茎(りんけい:ゆり根と呼ばれる部分。実際は養分を蓄えた肉厚の葉)に似ていることからその名が付いた。ワサビを小さくした感じだが、ワサビの茎はまっすぐに立つのに対し地をはうように茎をの...高尾山の谷沿いの道に小さな白い花をたくさん開いていた「ユリワサビ」(高尾の花13)

    アネモス

    野の花 山の花

    読者になる

続きを見る

  • 壁掛けアレンジ

    壁掛けアレンジ

    壁に掛けるアレンジ(ドライフラワーや、プリザーブド、もちろん、生花も!!)をトラックバックしてください! みなさんの素敵な壁掛けアレンジを紹介してください。

    テーマ投稿数 274件

    参加メンバー 24人

  • pre ウエディング

    pre ウエディング

    ウェディングに関することやウエディング予定のある方、ウエディングドレス、式場、ブーケなどのことならなんでも☆また、婚約中などラブラブな恋愛についてなどのトラックバックもどんどんどうぞ♪

    テーマ投稿数 4,565件

    参加メンバー 248人

  • ガーデニングは生活のビタミン♪

    ガーデニングは生活のビタミン♪

    ガーデニングやっている人、これからガーデニング始める人、花のことガーデンのこと薔薇のこと楽しく情報交換しましょう。

    テーマ投稿数 1,320件

    参加メンバー 96人

  • クリスマスローズ、ヘレボルス

    クリスマスローズ、ヘレボルス

    クリスマスローズ、ヘレボルスに関するトラコミュです。 クリスマスローズに関することなら何でもOKです。 たくさんのトラックバックをお待ちしています。 (アフィリエイト及び宣伝だけの記事はご遠慮願います。)

    テーマ投稿数 2,308件

    参加メンバー 94人

  • ドラゴンフルーツ

    ドラゴンフルーツ

    ドラゴンフルーツを育てている皆さん。トラックバックして遊びましょう。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • 芝生通信

    芝生通信

    日本芝 西洋芝 高麗

    テーマ投稿数 562件

    参加メンバー 27人

  • 花っていいな〜♪

    花っていいな〜♪

    季節を感じて咲くお花たち。毎日の暮らしの中で、お花に癒されたり、元気をもらう事って多いですよね。 皆さんが感じる『花っていいな〜♪』の瞬間は、どんなときですか?お気軽にTBお待ちしています^^

    テーマ投稿数 39,283件

    参加メンバー 1,373人

  • お花と猫と生活と

    お花と猫と生活と

    お花を愛する人 猫を愛する人ご参加ください お花のこと にゃんこのこと じゃんじゃんトラバしてくださいませ〜♪

    テーマ投稿数 81件

    参加メンバー 17人

  • 樹木・花木・果樹

    樹木・花木・果樹

    木々の花咲く姿、新芽の息吹、秋の紅葉と実り 自然の樹木でも庭の木でもかまいません あなたの身近にある 四季折々の樹木の姿を トラックバックしてください

    テーマ投稿数 9,256件

    参加メンバー 440人

  • エアプランツ

    エアプランツ

    空気中の水分を吸って育つエアプランツ。楽しみ方はいろいろ♪ みなさんは、どんな風に楽しんでいますか? (Air Plants、エアープランツ、ティランジア、チランジア)

    テーマ投稿数 654件

    参加メンバー 92人

続きを見る

  • 今の時期にはいたるところに咲いている「タチツボスミレ」(高尾の花14)

    今の時期にはいたるところに咲いている「タチツボスミレ」。つぼは庭のことだ。すっくと立ちあがる花は、踏まれてもしっかりと生き延びる。(2020-03高尾山)タチツボスミレスミレ科人家周辺の道端から山地の林まで、いろいろな場所に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花の咲いている期間が長いので、よく見かけるポピュラーなスミレである。地上にのびる茎がよく枝分かれをして、株をふやしていく。花は直径約1~2センチの淡い紫色で、ときどき白い花も見られる。下の花びらと横に開く花びらには、紫色の筋が入っている。葉は長さ約1~4センチの先がややとがったハート形で、葉柄(ようへい:葉をささえる柄)のつけねには、くしの歯のような切れ込みがある托葉(たくよう:葉の基部につく小さな葉)がつく。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分...今の時期にはいたるところに咲いている「タチツボスミレ」(高尾の花14)

    アネモス 野の花 山の花
    読者になる
  • 白の大輪に薄くピンクのぼかしが入るバラ「プリスタイン」(薔薇シリーズ152)

    白の大輪に薄くピンクのぼかしが入るバラ「プリスタイン」。半剣弁高芯咲きの整った形のバラだが、ゆったりと開くとしっかりとした存在感がある。交配親として優れた名花がたくさん誕生しているらしい。(2019-11川崎市生田緑地バラ苑)バラ「プリスタイン」プリスタインは栽培しやすく初心者にもお勧めのバラ作出国:アメリカ作出年:1978年作出者:WilliamA.Warriner系統:[HT]ハイブリッドティー交配親:WhiteMasterpiece×FirstPrize咲き方:四季咲き花形:半剣弁高芯咲き花径:巨大輪(14cm・26~40枚)香り:微香樹形:半横張り性樹高:150cm半横張り性の樹形はボリュームがあり花壇全体が見栄えがする白の大輪に薄くピンクのぼかしが入るバラ「プリスタイン」(薔薇シリーズ152)

    アネモス 野の花 山の花
    読者になる
  • 淡い桃色の獅子咲きの椿「神楽獅子」(椿シリーズ52)

    淡い桃色の獅子咲きの椿「神楽獅子」。雄しべが旗弁化して、味わいを出している。透けるような桃色の花弁が魅力だ。(2020-03東京都神代植物公園)かぐらじし(神楽獅子)種:ツバキ産地:江戸花姿:淡桃地に少数紅絞り、牡丹~獅子咲き花の大きさ:中輪花期:4月葉形:楕円、中形樹形:立性、弱い来歴:『椿伊呂波名寄色附』(1859)に記載淡い桃色の獅子咲きの椿「神楽獅子」(椿シリーズ52)

    アネモス 野の花 山の花
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧