searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

花は最大にして最高の心の癒し

THEME help
花は最大にして最高の心の癒し
テーマ名
花は最大にして最高の心の癒し
テーマの詳細
花に癒され、元気になりませんか?そんな花達にたくさん出逢いましょう。 どんどんトラックバックしてくださいね♪
テーマ投稿数
9,775件
参加メンバー
432人
管理人
まっつ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「花は最大にして最高の心の癒し」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「花は最大にして最高の心の癒し 花・園芸ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

花は最大にして最高の心の癒しの記事

1件〜50件

  • 鉢植えの花梅(1)~「玉牡丹」
    2021/01/22 11:02
    鉢植えの花梅(1)~「玉牡丹」

    梅は中国原産で、バラ科の落葉高木です。日本へは弥生時代に渡来したという説もありますが、遣隋使や遣唐使が、漢方薬として種を持ち込んだといわれます。花を観賞するための花梅の鉢植えで、今年開花したものです。「玉牡丹」(タマボタン)は、白花八重咲の中大輪花です。屋外の棚から、12月に玄関内に移しました。下旬に膨らんできた蕾です。1月初めに開花し、正月の玄関飾りとなりました。猛暑と虫害で夏に葉を傷め、枝枯れしました。花着きが良くありませんが、良い香りがします。1月上旬の花、1月中旬の花です。暖房の無い玄関なので、花が長持ちし、終盤を迎えています。鉢植えの花梅(1)~「玉牡丹」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • サザンカの花 2020~21(4)~「慶雲」
    2021/01/21 10:26
    サザンカの花 2020~21(4)~「慶雲」

    「慶雲」(ケイウン)は、飛鳥時代の元号にも使われた、夕空に現れる、めでたいことの起こる前兆とされる雲です。通販で購入した小さな苗木が、7鉢植えで180cmを超えました。白地に濃い紅のボカシが入る大輪花です。11月下旬、蕾が膨らんで来ました。12月上旬、最初に咲いた花です。12月中旬の花、1月上旬の花、玄関外で、吹雪にさらされながら、咲き終えました。サザンカの花2020~21(4)~「慶雲」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 姫イチゴの木~花と果実
    2021/01/20 09:41
    姫イチゴの木~花と果実

    「ヒメイチゴノキ」は南ヨーロッパ原産で、ツツジ科の常緑低木です。6号深鉢植で樹高50cm、横に広がった枝は60cm程です。イチゴのような果実が熟す10~12月に開花するので、花と果実が同時に楽しめます。9月上旬、緑色の果実が黄色く変わってきたころ、葉は光沢ある革質の緑葉ですが、猛暑で傷みました。小さな花房が伸び出してきました。10月中旬、花房の先の蕾が膨らんできました。一部で、スズランのような壺型の白い花を咲かせてきました。11月中旬、果実が黄色から赤色に変わって熟してきました。1~1.5cm程の球形果実は生食しても美味くないし、食感も良くなく、ヨーロッパではジャムや果実酒に利用するようです。房状に着いた花、花後の小さな緑実が見られ、まだ蕾もあります。一昨日の晴れ間に、玄関前の庇下から庭雪の上に出しました。赤い...姫イチゴの木~花と果実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 美濃国分寺跡と山茶花(2021年1月9日撮影)
    2021/01/20 05:54
    美濃国分寺跡と山茶花(2021年1月9日撮影)

    皆様、ブログを読んでコメント、 いいねを頂き有難う御座います。 今回は、 美濃国分寺跡と山茶花(サザンカ)です。    国分寺は、国家の泰平を願い西暦741年…

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • シャコバサボテンの花 (11)~「トーアカルメン」
    2021/01/19 11:36
    シャコバサボテンの花 (11)~「トーアカルメン」

    シャコバサボテン(デンマークカクタス)で最後に咲いた花です。「トーアカルメン」は濃い赤花の品種で、購入した時は、HCで10月末に開花していたのですが、我が家の環境では開花が遅れ、花の無い冬に咲きます。12月末までは蕾でした。1月上旬に、ようやく開花しました。1月中旬、無暖房の玄関なので、晴れた日には外に出します。一昨日、小さな蕾は取り除いて外で撮影後、暖かい居間の出窓に移してやりました。花後は無暖房の納屋で休ませます。春と秋に葉摘み(ピンチ)をして、春には玄関前通路脇で日に当て、夏は自宅北側軒下の日陰に移し、秋に玄関前に移動させると、蕾が出来てきます。今日も最高気温が氷点下の寒波の中ですが、玄関ではシャコバサボテンの名残り花の他に、梅が開花し、スノードロップと早咲きの福寿草が少し花弁を開き、節分草の花芽が顔を見...シャコバサボテンの花(11)~「トーアカルメン」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 横浜イングリッシュガーデン(スーパーバイザー河合伸志さん)の美しい秋バラを楽しんできました
    2021/01/18 12:07
    横浜イングリッシュガーデン(スーパーバイザー河合伸志さん)の美しい秋バラを楽しんできました

    横浜駅の近くにあるという横浜イングリッシュガーデンへ秋バラを堪能しに行ってきました。1,800種類ものバラが植えられている園内の様子を写真とともにお届けしていきたいと思います!

    きのこ

    きのこの庭

  • ガーデニング初心者が寄せ植えに挑戦!おしゃれに見えるポイントをまとめました
    2021/01/18 12:07
    ガーデニング初心者が寄せ植えに挑戦!おしゃれに見えるポイントをまとめました

    寄せ植えにチャレンジしてみたいけれど、植物の組み合わせを考えるのが難しそう…センスに自信がないという方に向けて、寄せ植え初心者でもおしゃれに見せる寄せ植えのポイントを12個ご紹介しています

    きのこ

    きのこの庭

  • 【初心者向け】寄せ植えにおすすめの花を季節ごとに紹介
    2021/01/18 12:07
    【初心者向け】寄せ植えにおすすめの花を季節ごとに紹介

    寄せ植えを作るなら、長く楽しめるお花がいい!いつどんな花を植えたらいい?初心者でも寄せ植えに使いやすいお花はある?といった初心者さん向けに、季節ごとに寄せ植えにおすすめのお花をご紹介しています。

    きのこ

    きのこの庭

  • サザンカの花 2020~21(3)~「今川絞」
    2021/01/18 09:47
    サザンカの花 2020~21(3)~「今川絞」

    冬に開花するサザンカは、庭植えしても雪囲いしなければならないので、鉢植え栽培しています。「今川絞」(いまがわしぼり)は、小輪ですが、紅地に白斑入りの八重咲きで、紅色単色の花も咲きます。5号鉢植えで、樹高70cm余りです。11月中旬の蕾、11月下旬に開花しました。12月上旬に咲いた花は、白斑が入らない八重咲でした。12月下旬~1月初めにも開花しましたが、ヒヨドリにかじられ、風雪で傷んでしまいました。そこで、美しく咲いた過去画像もアップしておきます。サザンカの花2020~21(3)~「今川絞」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 嵯峨菊の花
    2021/01/17 10:22
    嵯峨菊の花

    古典菊は、主に江戸時代に盛んに育種・栽培された古典園芸植物の1つです。伊勢菊や肥後菊の鉢植えは、いつの間にか消えてしまい、小菊の栽培変種、「嵯峨菊」の白花種だけが残っています。糸のように細い管弁が特徴です。開花は遅く、11月下旬でした。12月上旬の花、12月下旬、初積雪後の晴天の日、外玄関から庭に出して、吹雪にさらされた後の、1月上旬です。1月中旬、玄関内のシャコバサボテン以外で、唯一咲いていた草花、古典菊の嵯峨菊白花が、ピンクに染まって花を終えます。40年程前、小学生の長男を連れて、京都・奈良を旅したころ、嵯峨野の大覚寺で、たくさん見た嵯峨菊を思い出します。嵯峨菊の花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • サザンカの花 2020~21(2)~「大和富士」
    2021/01/16 10:16
    サザンカの花 2020~21(2)~「大和富士」

    「サザンカ」(山茶花)は、山に咲く茶に似た樹です。葉が椿より小さく、葉縁がギザギザしており、花弁がバラバラに散るのが椿との違いです。「大和富士」(ヤマトフジ)は7号深鉢植で、樹高は160cmを越えていますが、日照の少ないところに置いたせいで、花数が少しでした。11月下旬、開花前の蕾は桃色です。開いていくと、中の花弁は白色です。外側の花弁だけ桃色で、中が純白の八重咲花です。12月中旬以降、外玄関で吹雪にさらされ、花弁が傷んで、美しく咲けないで、今シーズンを終えました。サザンカの花2020~21(2)~「大和富士」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 造花・フェイクグリーンで国内最大級!横浜ディスプレイミュージアムに行ってきました
    2021/01/16 09:41
    造花・フェイクグリーンで国内最大級!横浜ディスプレイミュージアムに行ってきました

    今回は,造花・フェイクグリーン/ デコレーションアイテム専門店で国内最大級の『横浜ディスプレイミュージアム 横浜本店』に行ってきました。 造花・フェイクグリーンの良いところは,その美しさが半永久的に続くことですが,最近では本物と見分けがつかない程,リアルに作りこまれたものも多いです。『横浜ディスプレイミュージアム』は,自社工場で生産するオリジナル商品も数多く扱っていて,品揃えでは国内トップクラスです。このため,一般客だけでなく,プロのフラワーデザイナーも御用達の店舗兼展示場(ミュージアム)となっています。 実際に訪問してみて,造花やフェイクグリーンの圧倒的な品揃えと,その他の素敵なインテリア雑…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • *冬の日の中庭で。。♪
    2021/01/16 06:44
    *冬の日の中庭で。。♪

    季節の花たちと・・窓からふりそそぐ光。。吹き抜けの中庭で。。今はガーデンシクラメンが咲くガーデン・・新しいお気に入りの場所になりそうです・・今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村F...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • わに塚の桜
    2021/01/15 23:53
    わに塚の桜

    ao.

    *しあわせの箱* 2

  • 正月の縁起木(10)~「アリドオシ」-2
    2021/01/15 09:34
    正月の縁起木(10)~「アリドオシ」-2

    「アリドオシ」の果実は直径5mm程で、冬に赤熟します。特に関西では「千両・万両・有り通し」といって、正月の縁起物とされたようです。10月中旬になると、まだ緑色の実もありますが、褐色に色付く果実も見られるようになりました。11月中旬には、赤くなってきて、12月下旬、赤く熟した果実が、たくさん見えてきました。果実の先端にはガクが残っています。1月上旬、庭の雪上で、緑葉と赤実が引き立ちます。この赤い果実は、夏まで長持ちするかも、(既にクコや、木イチゴも棘の為に処分し、冬に赤い実をたくさん着け、野鳥を集めた庭木のピラカンサは、剪定のたびに鋭い棘で傷を負い、雪囲い前に伐採しました。)万両から始まるめでたい木の最後に位置付けられたアリドオシ、棘はありますが、枯れ枝を除くだけで剪定不要の鉢植えは、以後も大切に見守りたいと思っ...正月の縁起木(10)~「アリドオシ」-2

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (10)~挿し芽苗が開花-2
    2021/01/14 09:39
    シャコバサボテンの花 (10)~挿し芽苗が開花-2

    生きたミズゴケに挿し芽した苗からの、2鉢目の開花です。品種は、「サニーブライト」のようです。12月下旬、開花前の蕾、1輪開花しました。撮影中に聞きなれない鳥の声、ヤマボウシの樹に小鳥が、1枚だけですが、トリミングして画像処理したら「メジロ」でした。下は、「サニーブライト」の過去画像で、オレンジ系の品種です。この親鉢は枯れましたが、挿し芽が育っていたようです。シャコバサボテンの花(10)~挿し芽苗が開花-2

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(9)~「アリドオシ」-1
    2021/01/13 17:11
    正月の縁起木(9)~「アリドオシ」-1

    正月の縁起物とされる樹木を、万両から十両まで見てきました。鉢植えで育てますと、樹高が高い方から、万両が80㎝、千両50㎝、百両40cm、十両20cm位となっています。残るは、別名「一両」とされる縁起木で、それは「アリドオシ」(蟻通し)というアカネ科の常緑低木です。関東以西の薄暗い林下に自生します。名の由来は、①棘が蟻をも突き通す、②棘が多く蟻しか通り抜けられない、③実が翌年まで持つので、有り通し。5号深鉢植えで、樹高50cm程に成長してきました。-1では、3月から7月までの蕾・開花・緑実をまとめます。3月下旬には、すでに丸い蕾を着けていました。葉は対生し、質が硬く光沢があり、葉腋に1対の細長い棘(長さ1~2cm)があります。5月上旬、開花前の細長く伸びた蕾、5月中旬に開花しました。幹がまっすぐ上に伸び、側枝が二...正月の縁起木(9)~「アリドオシ」-1

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (9)~挿し芽苗が開花-1
    2021/01/13 09:10
    シャコバサボテンの花 (9)~挿し芽苗が開花-1

    挿し芽した苗から開花しましたが、小鉢に生きたミズゴケで植え、ラベルを着けてなかったので品種名が不明です。過去画像で比較して見ると、「タマ」か「ダーク・エバ」らしいが?12月初めの蕾、濃いピンクの花が予想されます。5日後に開いた花です。12月中~下旬に、もう2輪開きました。シャコバサボテンの花色は、開花時の気温と日照によって大きく異なってくるので、品種名の判断が難しいです。シャコバサボテンの花(9)~挿し芽苗が開花-1

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(8)~「ヤブコウジ」
    2021/01/12 09:07
    正月の縁起木(8)~「ヤブコウジ」

    「ヤブコウジ」(薮柑子)は、ヤブコウジ科の常緑小低木で、日本や東アジアに広く分布して林内に育ちます。斑入り葉などの変異種が古典園芸植物として、江戸や明治期に栽培ブームが起き、別名「十両」として、正月の縁起物とされました。斑入り葉種は実付きが悪く、4号浅鉢植えの基本種を紹介します。匍匐系の先が20㎝位立ち上がって葉を輪生状に付け、果実は晩秋に赤熟します。7月に咲いた花は、淡いピンクの花で、花弁に褐色の斑点があり、葉腋から下向きに咲きます。10月上旬、花後に着いた緑実が、色付き始めました。11月上旬、赤熟した果実は、径6~8mm位です。11月下旬の実成り姿です。正月の縁起木(8)~「ヤブコウジ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • サザンカの花 2020~21(1)~「丁字車」
    2021/01/11 10:59
    サザンカの花 2020~21(1)~「丁字車」

    「サザンカ」(山茶花)は、ツバキ科の常緑広葉樹で、晩秋から冬にかけて花を咲かせます。日本では山口県、四国から南西諸島に分布します。「丁字車」(ちょうじぐるま)は、桃色に紅のボカシが入る花で、小輪ですが、雄しべが花弁化した丁字咲き(唐子咲き)です。5号深鉢植で、樹高は70cm程あるのですが、前年と同様に蕾は2つしか着きませんでした。11月中旬に咲いた花、開き始めから全開へ、12月上旬に咲いた花です。花が無くなる時期ですが、ヒラタアブがやって来ました。積雪前に咲き終えたので、雪囲いの中で休んでいます。サザンカの花2020~21(1)~「丁字車」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 1月10日、大雪の庭
    2021/01/10 22:13
    1月10日、大雪の庭

    年始の大雪の後、一度消えた雪でしたが、2度目の寒波で大雪です。1月8日から最高気温がマイナスで、雪が降り続け、今日10日は、庭の積雪が130cmほどになりました。朝、和室から東庭の池周りを見ると、玄関右手の果樹の板囲い、中に鉢がぎっしり並んでいますが、東庭の赤松、玄関前通路を除雪します。積雪が100~110cmほど、歩道に面した、庭の南側、夕方の通路除雪、積雪が120~130cmに増えました。この雪は、明日の昼には収まるようです。1月10日、大雪の庭

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (8)~「ジーナ」
    2021/01/10 11:20
    シャコバサボテンの花 (8)~「ジーナ」

    「ジーナ」は白花品種ですが、晩秋まで屋外に置いて、冬に無暖房の玄関に入れて咲かせると、寒さでピンクに染まります。茎葉が半枯れした鉢で、かろうじて1個の蕾が成長しました。12月下旬の蕾は白色でしたが、正月に咲いた花は、淡いピンクでした。1月6日、雪の上で、青空バックで撮った花は、それなりに美しく、寒い玄関で今も咲き続けています。シャコバサボテンの花(8)~「ジーナ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(7)~「カラタチバナ」
    2021/01/09 21:34
    正月の縁起木(7)~「カラタチバナ」

    「カラタチバナ」(唐橘)はヤブコウジ科の常緑小低木で、茨城県・新潟県以西に分布し、陽の当らない林床に育ちます。別名「百両」として正月の縁起物とされます。基本種は赤い実ですが、園芸品種に白実種もあるので、2本の苗を鉢に寄せ植えし、紅白の実成りで正月を飾ります。7月中旬の白い小さな5弁花です。この花がタチバナ(日本に唯一野生していた柑橘類)に似ていることが名の由来。8月上旬の小さな緑実、10月上旬、実が大きくなって、緑色から白っぽく色が変わって来ました。11月半ば、赤実と白実が明瞭になってきました。センリョウより大きな果実は、径8mm程の球形で目立ちます。12月下旬、鮮やかに赤く熟した実と、クリーム色の白実が対照的で、互いを引き立てます。1月6日、久方ぶりの青空の下、庭雪の上で撮りました。6号深鉢植えで、樹高は低く...正月の縁起木(7)~「カラタチバナ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (7)~「フリーダ」
    2021/01/09 10:59
    シャコバサボテンの花 (7)~「フリーダ」

    「フリーダ」は、デンマークでの比較的新しい改良品種で、オレンジ色(朱色)の大輪花が鮮やかです。遅咲きのようで、12月下旬になって、蕾から花弁が開き始め、12月末に開花しました。1月5日、薄日が差してきたので、玄関前通路脇の雪上で、茎節が長いと垂れたがって咲き、短いと横向きに、まだ蕾もあって、早春の日本の花が咲くまで、玄関を飾ります。雪が降り続く大雪警報中の長岡市、除雪した玄関前通路脇の積雪は80~90cmとなりました。(生まれ育った魚沼から見れば、大した雪ではありませんが)シャコバサボテンの花(7)~「フリーダ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 【シンボルツリー下のグランドカバー】低木を組み合わせて常緑・手間いらずな寄せ植えに
    2021/01/09 07:25
    【シンボルツリー下のグランドカバー】低木を組み合わせて常緑・手間いらずな寄せ植えに

    今回はシンボルツリー下のグランドカバー(下草)の寄せ植えについて記事にしてみました。 シンボルツリーを引き立てるグランドカバーの選択や組み合わせは意外と難しいものです。シンボルツリーは大抵目立つところにあるので,1年中枯れずに安定してキレイに見せたい。ただ,1年草を植えてピークを過ぎたら順次植え替え,ということも面倒なのでやりたくない。。 『なるべく手間がかからず,一年中枯れずにキレイで,花が長く咲き,寄せ植えとしての葉色の変化にも富む』という無茶な要求を満たすシンボルツリー下のグランドカバーとその組み合わせはないか・・ということで,検討を重ねて,最終的に落ち着いた低木を中心とした組み合わせに…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • *甘~い香り。。蝋梅(ろうばい)の花。。♪
    2021/01/09 06:18
    *甘~い香り。。蝋梅(ろうばい)の花。。♪

    甘~い香り。。春をよぶ香り。。黄色の可憐な花たちから・・明るい希望に満ちたエネルギーを。。鎌倉 明月院にて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングこちらの花束...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • 正月の縁起木(6)~「黄実千両」
    2021/01/08 19:27
    正月の縁起木(6)~「黄実千両」

    センリョウの変種で「キミノセンリョウ」「黄実千両」です。果実が熟すと、黄色に色付きます。果実の色以外は、普通の千両と変わりなく、HCで苗を入手して鉢植えしています。7月の花姿は、花弁が無く、緑の雌しべの側面に、黄色っぽい雄しべが付いています。8月初め、雄しべが枯れ落ち、小さな緑実が出来ます。10月上旬になってもまだ緑色の果実でした。11月半ば、果実が緑から黄色へと色付いてきました。12月中旬、寒さのためか葉色が薄くなりましたが、赤実の千両と同じく樹高50cmほどです。名前がめでたいので、万両とともに正月の縁起物とされますが、千両は葉の上に実が着き、葉は対生に付きます。(万両は葉の下側に実が着き、葉は互生)12月下旬です。1月6日に撮った1枚ですが、その後も外玄関に置き、積雪90cmほどの大雪となった本日、夕方に...正月の縁起木(6)~「黄実千両」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (6)~「トーア ブリッタ」
    2021/01/08 11:35
    シャコバサボテンの花 (6)~「トーア ブリッタ」

    「トーアブリッタ」も白花品種ですが、気温が低い時に咲くと、ピンクを帯びてきます。12月に入ってからの開花なので、蕾も淡いピンクに染まり、12月中旬から開花しました。花の重みで垂れ下がって、12月下旬、満開状態となりました。12月末の花です。1月5日の晴れ間、ふっくらした花弁を淡いピンクに染めて、優雅な舞い姿を撮りました。寒い玄関で、白花もピンクになりますが、長く咲き続けます。昨日午後からは猛吹雪となって、今朝の玄関前通路脇の積雪は70cm位、排雪後の通路には、また10cm余りの積雪です。シャコバサボテンの花(6)~「トーアブリッタ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(5)~「千両」
    2021/01/07 21:01
    正月の縁起木(5)~「千両」

    「千両」(センリョウ)は、センリョウ科の常緑低木で、関東以西の常緑樹林下に自生します。正月に飾った生花の中から、実を採って、実生から育てました。濃い緑葉と果実とのバランスが良い。7月に咲いた花は、黄緑色で、茎の先に穂状に咲きます。花弁は無く、花軸に緑色の雌しべが付き、その側面に淡緑色の雄しべが直接出る、変った姿をしています。8月上旬、雄しべが落ちて、小さな緑実となります。10月中旬、果実が大きくなって、色づき始めました。11月中旬です。赤熟した果実は径5~6mmほどで、茎頂にまとまって着きます。12月下旬、寒さで葉色が悪くなってきました。7号深鉢植えで、株立ちになり、樹高は50cm位です。外玄関に置いたので、すでにヒヨドリが半分食べ、残り実を、晴天になった昨日撮りました。正月の縁起木(5)~「千両」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (5)~「ムーンライト」
    2021/01/07 09:54
    シャコバサボテンの花 (5)~「ムーンライト」

    「ムーンライト」はイエロー系の珍しい品種です。淡いイエローベースに、ほんのりとピンクのラインが入るのですが、寒い中での開花は、ピンクが覆ってしまいます。12月初め、蕾が開き始めます。12月上旬、開花です。12月中旬、初積雪の寒さに耐えて、12月下旬です。1月も、無暖房の玄関で、開花し続けています。珍しく、昨日快晴なので、鉢を外に出しました。日増しにピンクが濃くなってきました。シャコバサボテンの花(5)~「ムーンライト」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(4)~万両の「白鵬」
    2021/01/06 21:56
    正月の縁起木(4)~万両の「白鵬」

    万両の「白鵬」(はくほう)は、斑入り葉の白実品種です。夏の暑さで?葉の斑は消えてしまいましたが、白い果実はたくさんなりました。7月下旬の花です。10月上旬の緑実です。5号深鉢植で、樹高は60cm余りで、脇枝が芽生えず、主幹1本だけで、成長がゆっくりです。12月上旬、果実が緑から白へと変わり始めました。純白とは言えませんが、12月下旬の白い果実です。一昨日の白実姿です。ヒヨドリにも美味しそうに見えず、春になっても実が残ります。正月の縁起木(4)~万両の「白鵬」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (4)~「カミーラ」
    2021/01/06 10:52
    シャコバサボテンの花 (4)~「カミーラ」

    「カミーラ」という品種は、9~10月に咲かせれば、白地に紅のボカシや覆輪が入る花ですが、雪国で、晩秋まで屋外で育てると12月~1月開花となり、濃いピンクのグラデーションが美しい花を咲かせます。初積雪後の12月中旬、蕾から、開花し始めました。12月下旬、一時の晴れ間に、玄関の外に出して、12月末、垂れ下がって咲いていますが、まだ蕾もあり、昨日、薄日さす庭雪の上で撮った花姿です。シャコバサボテンの花(4)~「カミーラ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(4)~万両の「千鳥」
    2021/01/05 19:09
    正月の縁起木(4)~万両の「千鳥」

    「千鳥」(ちどり)も斑入り葉の園芸品種ですが、夏に斑がほとんど消えてしまいました。6号深鉢植で、樹高80cm程になり、実成りも多くなりました。8月初めの花です。10月上旬の緑の実、11月中旬、色付き始めました。昨日、庭雪の上で撮った赤熟した果実です。外出すとすぐにヒヨドリに食べられるので、玄関内に置きます。正月の縁起木(4)~万両の「千鳥」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (3)~「ニコル」
    2021/01/05 10:40
    シャコバサボテンの花 (3)~「ニコル」

    「ニコル」は、優しいピンク系の品種です。冬の開花なので、寒さで全面ピンクですが、秋に咲かせれば、花弁の中心部は白くなるでしょう。12月上旬、蕾が開き始め、開花しました。12月中旬、花の重さで茎節が垂れ下がって開花します。12月下旬の花、下から、花を見上げます。12月末の花、まだ蕾がたくさん付いています。外は雪、無暖房の玄関に置くので、花が長持ちします。シャコバサボテンの花(3)~「ニコル」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 正月の縁起木(2)~万両の「恵比寿」
    2021/01/04 19:08
    正月の縁起木(2)~万両の「恵比寿」

    「万両」は古典園芸植物の1つでもあります。江戸時代に、葉の変異個体が選別されて、多くの品種群が出来ました。「恵比寿」(えびす)は、その園芸品種で、斑入りの縮れ葉です。春~秋、自宅北側軒下の日陰に置き、撮影時だけ移動しています。7月末から、たくさんの花が咲き始めました。5号深鉢植えで、年々樹高が伸びて80cm近くになりました。10月上旬、まだ果実は緑実です。11月中旬、果実が緑から赤へと、色変わり中です。年末から、玄関を飾っていますが、赤熟した実の画像が無かったので、本日、庭雪の上で撮りました。正月の縁起木(2)~万両の「恵比寿」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 【育てて良かった一年草】花が長く咲く『スーパートレニア』地植えした1年間の成長記録
    2021/01/04 07:48
    【育てて良かった一年草】花が長く咲く『スーパートレニア』地植えした1年間の成長記録

    今回は,花期が長くてオススメの1年草『トレニア』の成長記録を記事にしました。 このブログでは,常緑性の低木,草系では常緑多年草の1年以上の成長記録が中心でして,これまで1年で枯れてしまう1年草の記事は少ないです。ただ,実際にはいろいろ試していまして,花がとてもキレイ,開花期が長い,丈夫で育てやすいなどの特徴のある,「実際に育てて見て良かった」おすすめの1年草を紹介していこうと思います。 今回は,有名園芸ブランドPW(Proven Winners)の『スーパートレニア(カタリーナ)』です。トレニアというと夏の花というイメージで,夏終わりに早々枯れてしまうと思っていたのですが,12月くらいまで元気…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 正月の縁起木(1)~「万両」の基本種
    2021/01/03 21:55
    正月の縁起木(1)~「万両」の基本種

    「万両」(マンリョウ)は、サクラソウ科又はヤブコウジ科の常緑小低木で、関東以南の林内に育ち、秋から冬に赤い実を着け、名がめでたいので正月の縁起物とされています。葉は長楕円形で光沢があり、革質で柔らかめ、縁にギザギザがあり濃いめの緑色です。赤い果実は葉の下で、幹を囲むように付きます。8月初めの花、径1cm弱の白い5弁花で、すでに咲き終えたものも、まだ蕾もあります。10月上旬、丸く生育した果実は、まだ緑色です。11月半ばには、色付いてきました。12月の赤い果実。5号深鉢植えで、樹高は80cm程です。玄関周りに移して、正月飾りにしていますが、果実はヒヨドリが食べなければ、春~夏までも樹に付いています。春~秋まで自宅北側軒下に置きますが、鉢の傍に芽生えた小苗を鉢植えした、樹高30cmでの実成です。下画像は11月なので、...正月の縁起木(1)~「万両」の基本種

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャコバサボテンの花 (1)~「タマ」
    2021/01/03 11:32
    シャコバサボテンの花 (1)~「タマ」

    「シャコバサボテン」の原産地はブラジルの山岳地帯、樹木に着生する森林性サボテン(常緑多肉植物)で、葉がシャコの形に似ているのが名の由来です。デンマークで品種改良された、大輪多花性の品種群が「デンマークカクタス」として主に流通しています。咲く草花が無くなる晩秋から、冬に開花するので、市内のHCで入手し、栽培しています。現在、無加温の玄関で開花中の花を紹介します。「タマ」は、デンマークで近年改良された品種で、濃いピンクの花を咲かせます。12月初め、外玄関から室内に入れる前、蕾の時です。寒さで茎葉が褐色になっています。12月上旬最初に開花した花、花弁の中心部は白色です。12月中旬、初積雪の後、玄関から出して撮りました。垂れ下がった葉茎節の先から、鳥が飛び立つような独特な花形も魅力です。12月下旬、晴れた時は屋外で日光...シャコバサボテンの花(1)~「タマ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 大雪の正月
    2021/01/02 15:10
    大雪の正月

    暖冬が続いていたので、久方ぶりで大雪の中で迎えた正月です。元旦の朝は、50~60cmの積雪で、玄関前の通路の除雪作業で、汗を流しました。庭の赤松も、雪吊りで何とか持ちこたえています。歩道に面した庭の南側、車道に面した庭の東側、我が家は平屋建て、正月らしいのは仏間だけ、外玄関で寒さに耐える鉢植え、玄関の中は開花中のシャコバサボテンなどで混雑、本日1月2日は私の誕生日、息子から祝の宅配便が届きました。玄関前の雪景色、積雪70㎝位、通路の除雪は道路に敷設された融雪装置から地下水が噴出してすぐ消せます。水道の検針員さんが通れるよう、メーターまで除雪しました。この果樹の板囲いの中には、椿をはじめとする鉢植えがぎっしり配置されています。隣家で一部屋根の雪下ろしをしたようです。10年以上屋根雪の除雪はしてないのですが、予報を...大雪の正月

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 今年のベスト9は、イタリアン・シャビーシックな世界でした♪ 
    2021/01/01 17:47
    今年のベスト9は、イタリアン・シャビーシックな世界でした♪ 

    気持ちの良い晴れ間が広がる、大晦日のミラノです皆様のインスタのベスト9、楽しく拝見させて頂いております早速、私も、作ってみました    イタリアン・シ…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • 【高圧洗浄Before&After】庭のタイル・乱形石・外壁・ウッドデッキ・窓サッシにこびりついた汚れを一掃!!
    2021/01/01 14:16
    【高圧洗浄Before&After】庭のタイル・乱形石・外壁・ウッドデッキ・窓サッシにこびりついた汚れを一掃!!

    今回は,庭や家の外壁の高圧洗浄機を使った掃除について記事にしました。 最初はどんなにキレイな庭の外壁タイルやウッドデッキ,テラス屋根なども,数年もするとカビや苔などで汚れてきます。こういった汚れは細かい隙間に入り込んでいるので,雑巾やブラシなどの普通の掃除道具を使って落とすのは困難です。こういった場面で活躍するのが『高圧洗浄機』です。 我が家では,4年前に家を建てて以降,庭づくりを進めて来たのですが,早くもいろいろな場所でかなり汚れが目立ってきました。家の外壁や窓・サッシだけなく,庭のタイルや乱形石,外壁タイル,テラス屋根の上,ウッドデッキなどなど,庭で掃除すべきところはたくさんあります。 今…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • ナンテンの花と実
    2021/01/01 11:19
    ナンテンの花と実

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。難(コロナの災い)転じて、福と為せるよう祈って、元旦のブログアップと致します。「ナンテン」(南天)は、メギ科の常緑低木で、中国原産のようですが、西日本に自生もあるそうです。自宅の南東隅で、株立ち状に育っています。幹の先端に、葉が集まって付き、葉の間から花序を伸ばして、6月中旬、小さな白い6弁花が、たくさん集まって咲きます。クローズアップで見ます。6枚の白い花弁が反り返り、雌しべの周りを、黄色い6本の雄しべが囲みます。花弁と雄しべが散った後、雌しべの子房が膨らんで、緑の実が出来ます。9月中旬、丸い実が、緑から褐色に変わって来ましたが、長雨と酷暑の中で、多くの果実が落ちてしまいました。10月中旬、果実が赤く色変わり中です。10月末、11月上旬です。1...ナンテンの花と実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 庭のツワブキ
    2020/12/31 14:44
    庭のツワブキ

    「ツワブキ」(石蕗)は、キク科の多年草で、福島・石川県以南の暖地に自生します。常緑性で長い葉柄を持ち、蕗に似た葉は艶があり、名の由来に、斑入り葉種を、自宅北東隅に植えました。朝陽が少し当たるだけですが、毎年11月に開花します。10月末の蕾から、11月初めに開花してきました。11月中旬、50~70cmの花茎の先に数輪ずつ咲かせます。11月下旬、紅葉も落ち、花の無くなった時期に、斑入り葉と黄色い花が、裏庭を明るく照らしました。別の場所にも植えてあり、南庭の塀脇で咲いていましたが、変形花?11月末なのに、ヒラタアブさんが訪れていました。今日は庭全体が雪に覆われましたが、朝の積雪はまだ8㎝位、大雪にならないと良いのですが・・・。この1年間、多くの皆様にブログを見ていただき、有難うございました。庭のツワブキ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 収穫出来なかったリンゴ 2020(2)~9月に腐れて落果
    2020/12/31 10:11
    収穫出来なかったリンゴ 2020(2)~9月に腐れて落果

    花後の緑の小果が成長し、7月上旬、色付き始めた「富士」リンゴの果実です。ところが、8月下旬には天候不順と褐斑病で、葉の多くが落ちました。・6月末から7月は長雨で日照不足、・8月の猛暑は、30℃以上の日が続き、36℃を超える日もあり、9月2日に36、7℃、9月3日に38、3℃を記録しました。9月12日まで30℃以上の日が続きました。・褐斑病は、葉が黄変して落葉し、毎年発生しますが、薬剤は使わず、収穫まで行けたのですが、今年はダメでした。9月中旬、果実に腐れが入って、鳥に突かれ落果していきました。更に、落葉後に新葉が伸び出して、開花してしましました。「秋茜」も7月上旬までは順調で、8月下旬、褐斑病も富士ほど酷くはなく、果実も色付いてきましたが、9月上旬、果実の上部に腐れが、アマガエルが、集まってくる虫を待っています...収穫出来なかったリンゴ2020(2)~9月に腐れて落果

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 熱帯スイレンの花 2020(2)~ドウベン
    2020/12/30 19:52
    熱帯スイレンの花 2020(2)~ドウベン

    今年開花した熱帯スイレンは2種だけでした。植え替え・株分けをしてないので、根茎が密になって、葉だけの鉢になってしまいます。「ドウベン」は、ムカゴから殖やした若い株だったの、8月から11月にかけて、2鉢で開花していました。花弁の先にほんのりとブルーが入る、白花です。通常は朝開いて夕方閉じ、3日間開閉後、水没して終わります。開花1日目、花の中心に、黄色い大きな雌しべを開きます。開花2日目、雄しべがドーム状になって、雌しべを覆います。開花3日目、固まっていた雄しべが、少し開き気味となります。気温が高くない時は、4~5日目でも開花した花もありました。また、晩秋に入っても開花しようとしていました。下は11月中旬ですが、蕾を着け、さすがに完全には開花出来ず、屋内での越冬に入りました。熱帯スイレンの花2020(2)~ドウベン

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 収穫出来なかったリンゴ 2020(1)~開花から緑実へ
    2020/12/30 13:59
    収穫出来なかったリンゴ 2020(1)~開花から緑実へ

    自宅南側、菜園との間に果樹を1列に植えています。リンゴは2種、共に矮性台木接ぎ木なので、樹が小さくても実が生ります。「富士」は鉢植えの頃から結実し、自宅と庭を作り変えた時、最初に植えた果樹です。4月中~下旬、蕾から開花へ、庭植えしてから15年ほど経ているので、枝は横に張り、下に垂れて、手の届く範囲で開花結実します。花後の5月中旬、6月中旬には、小さくもリンゴらしい緑実になりました。もう1種の「秋茜」(あきあかね)は、富士の交配品種で、果実全面が赤く着色し、花粉が多く富士の受粉樹にも適します。まだ若木なので、枝が上に伸びようとしています。4月下旬の蕾と開花姿です。花後の5月中旬と、6月中旬の緑実です。ここまでは特に問題なく、例年通りの収穫が期待されたのですが・・・(2)へ続く。収穫出来なかったリンゴ2020(1)~開花から緑実へ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 金生山 明星輪寺と彼岸花(2020年9月26日撮影)
    2020/12/30 06:52
    金生山 明星輪寺と彼岸花(2020年9月26日撮影)

    皆様、ブログにコメント、いいねを頂き有難う御座います。 今回は、金生山 明星輪寺(きんしょうざん みょうじょうりんじ)から、撮影したお寺の境内と、彼岸花です。…

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • 菜園で咲いた西洋朝顔4種
    2020/12/29 21:54
    菜園で咲いた西洋朝顔4種

    菜園の空いた所で、西洋朝顔4種が咲いていました。「ブラックナイト」は、種苗会社から種子を購入したものですが、菜園で野生化し、毎年自然実生でたくさん芽生え雑草と化しました。えんどう豆の収穫後、支柱をそのまま利用し晩秋まで開花です。前に一度ブログに出したので、1枚だけ、以下はオクラの畝で、空いた所に苗を植えました。1本だけ植えた「フライングソーサー」の8月の花です。次も1本植えた「スカーレットオハラ」の、9月に咲いた花です。2本植えた「ヘブンリーブルー」が、晩秋まで、毎日たくさんの花を咲かせました。本来が熱帯の植物なので、種子は未熟のままで終わってしまいます。9月から11月まで、朝から夕方まで、更には翌朝まで咲きました。9月の花、10月中旬、気温が下がってきたら、翌朝になっても咲いています。朝咲いた青い花に対して、...菜園で咲いた西洋朝顔4種

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ミラノで一番美しい、スワロフスキーのクリスマスツリー♪
    2020/12/29 18:31
    ミラノで一番美しい、スワロフスキーのクリスマスツリー♪

    皆さま、素敵なクリスマスを過ごされたでしょうか イタリアでは、実はクリスマスイブはあまり重要視されておりませんで、 クリスマス当日と🎄、  26日…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • 秋咲きの椿(2)~「西王母」
    2020/12/29 10:32
    秋咲きの椿(2)~「西王母」

    「西王母」(せいおうぼ)椿は、幕末の頃金沢で誕生したとされ、秋~春に開花します。自宅南東軒下に植えています。淡い桃色に薄紅のボカシが入る花です。桃色の蕾が開いていきます。10月中旬に咲いた花、一重の筒咲き中輪で、平開はしません。10月末の花、11月中~下旬に咲いた花、雪囲い後、12月中旬の花、この後、雪をかぶりました。本日、竹支柱を立て縄で縛った雪囲い姿で、残った蕾が開花の準備をしています。一部は雪の中で開花し、春まで待つ蕾もあります。年末年始は、また大雪の予報です。秋咲きの椿(2)~「西王母」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

カテゴリー一覧
商用