searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

花は最大にして最高の心の癒し

THEME help
花は最大にして最高の心の癒し
テーマ名
花は最大にして最高の心の癒し
テーマの詳細
花に癒され、元気になりませんか?そんな花達にたくさん出逢いましょう。 どんどんトラックバックしてくださいね♪
テーマ投稿数
9,678件
参加メンバー
434人
管理人
まっつ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「花は最大にして最高の心の癒し」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「花は最大にして最高の心の癒し 花・園芸ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

花は最大にして最高の心の癒しの記事

1件〜50件

  • 風鈴ガマズミの花と実 2020(2)~果実
    2020/12/03 10:12
    風鈴ガマズミの花と実 2020(2)~果実

    花後に着いた緑実から、赤い果実への変化、落果までの記録です。8月中旬、まだ緑色ですが、果実が下に垂れ下がってきました。9月上旬です。9月下旬、果実が丸みを帯び、黄色からオレンジへと変わろうとしています。10月中旬には、赤い果実となりました。10月下旬、10月末です。11月中旬には、鳥が食べたり、過熟しての落果もあり、11月末には殆んどの果実が消え、葉が落ちました。風鈴ガマズミの花と実2020(2)~果実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 風鈴ガマズミの花と実 2020(1)~花
    2020/12/02 19:12
    風鈴ガマズミの花と実 2020(1)~花

    ガマズミ科の落葉低木「風鈴ガマズミ」は中国原産で、果実が吊下る様子を、風鈴に見立てたネーミングです。4月中旬の蕾、新葉はまだ緑色になっていません。5月初めから開花、淡いピンクの蕾から白い5弁花へ、まだ半分以上が蕾です。5月中旬です。7号深鉢植えで栽培、幹が途中で枯れた後、脇枝が伸びて樹高1mになりました。初めに咲いた花は散り、遅く咲いた花が盛りです。5月末です。花の数からすると少なめですが、実が着きました。まだ中身が乏しい、扁平な形です。赤く充実し、垂れ下がった、秋の実成は(2)で、風鈴ガマズミの花と実2020(1)~花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植え大文字草の花(16)~「朝倉斉明」
    2020/12/02 08:48
    鉢植え大文字草の花(16)~「朝倉斉明」

    鉢植え大文字草の「朝倉斉明」(あさくらさいめい)という品種、紅色フギレ花弁の標準花です。2本の花茎を上げて、10月中旬の開き始めです。咲き始めは濃い紅色でした。10月下旬です。開花後は、時間の経過とともに色が薄れてきます。鉢植え大文字草の花(16)~「朝倉斉明」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 秋の七草~キキョウ
    2020/12/01 17:42
    秋の七草~キキョウ

    庭植えの「キキョウ」(桔梗)は、7月に咲いた後、上部を切り戻して置いたら、秋に再び開花してきました。青紫花は、9月上旬から咲き出して、9月中旬、10月上旬と咲き続け、10月中旬の花、11月初めまで咲きました。桃花種も、少し遅れて9月中旬から咲き始め、10月上旬、10月中旬の花、10月末まで咲いていました。秋の七草~キキョウ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 庭の紅黄葉 2020(5)~ナツツバキ
    2020/12/01 11:08
    庭の紅黄葉 2020(5)~ナツツバキ

    「ナツツバキ」(夏椿)はツバキ科の落葉高木で、サラソウジュ(沙羅双樹)の別名もあります。庭の庭の東と南側、道路に面したブロック塀脇に植えています。鉢植えの時は、良く開花していましたが、庭に移植したら樹が若返ったようで、以後は開花が少なく、今年は開花ナシでした。その代わりに?黄葉は綺麗でした。昨年6月に咲いた花(過去画像)10月下旬、東側塀際に植えた樹、緑葉から黄葉に変わって来ました。南側の樹も、周りが緑の中で黄葉に、11月上旬、東側は、ハナノキの黄葉とヤマボウシ・紅富士の紅葉と並びました。南側の樹は強風で散り始め、東側の樹もこの後、11月中旬の雨風で、一斉に散り終えました。この時期は、東と南の道路の落ち葉掃きが主な仕事です。庭の紅黄葉2020(5)~ナツツバキ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *桜いろの薔薇たち。。5♪
    2020/12/01 07:04
    *桜いろの薔薇たち。。5♪

    桜 霞(さくらがすみ)。。桜 貝(さくらがい)。。春の舞。。プリンセス ドゥ モナコ。。甘く・・優しい・・桜いろ。。とろけそうなピンクの薔薇たち。。秋の薔薇シリーズ・・終わり。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたら...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • 鉢植え大文字草の花(15)~「花吹雪」
    2020/11/30 19:21
    鉢植え大文字草の花(15)~「花吹雪」

    大文字草の園芸種「花吹雪」は、桃色の5弁花ですが、独特な雰囲気をもった花形です。10月下旬の花、11月上旬です。よく見ると、花弁に細かい絞りが入っています。鉢植え大文字草の花(15)~「花吹雪」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 秋の七草~フジバカマ
    2020/11/30 11:28
    秋の七草~フジバカマ

    秋の七草の1つ「フジバカマ」(藤袴)は、キク科の多年草で、万葉の昔から日本人に親しまれてきました。奈良時代に中国から渡来した帰化植物?ともいわれ、野生は絶滅危惧種で、市販されているものは、サワヒヨドリとの雑種が多いのだそうです。栖吉川堤防ウォーキングで、1株(多分園芸種)抜き取って、空き地畑と果樹の間に植えたものが増殖しました。8月上旬から咲き始めました。南と西が駐車場などで空いているので、日当たり風通しよく、1m数10cmの草丈で大株となりました。9月中旬の花、10月中旬まで開花が続きました。11月初め、秋色に染まった、綿毛を着けた種子です。昨年から自宅庭の北西、サネカズラやアケビが茂る株脇から、自然実生で育った株が、今年はたくさんの花を着けました。日照時間が少ない場所で、空き地に植えたものより遅れて開花、1...秋の七草~フジバカマ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 常緑・丈夫なグランドカバー『ワイヤープランツ』の成長記録 ~ 日陰・日向で,斑有・無の品種を育成
    2020/11/30 07:31
    常緑・丈夫なグランドカバー『ワイヤープランツ』の成長記録 ~ 日陰・日向で,斑有・無の品種を育成

    今回は常緑・丈夫なグランドカバー『ワイヤープランツ』について記事にしてみました。ワイヤープランツは,ニュージーランド生まれの小さな葉っぱが密に茂る個性的でおしゃれグランドカバープランツです。見た目は草っぽく見えますが,ツル性の常緑小低木に分類され『木』です。そのためか,他の草花系のグランドカバーと比べてとても丈夫で育てやすいです。花は春~夏にかけて環境が合えば咲きますが,とても小さく目立ちません。細いツルにたくさんの小さな葉っぱを茂らせる姿が人気で,園芸店だけでなく,小さなホームセンターなど広く購入することができます。 我が家では,そんなワイヤープランツを日向と日陰の両方で場所を変えて育成して…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 庭の紅黄葉 2020(4)~ハナミズキ
    2020/11/29 19:18
    庭の紅黄葉 2020(4)~ハナミズキ

    春の花、秋の果実に続いて、晩秋は紅葉が美しい庭木です。玄関右手前に植えた2本のハナミズキ、左が紅花、右が白花です。9月末、緑葉が色付き始めました。10月中旬、紅葉してきました。これから11月下旬にかけて、毎日少しづつ葉を落としながら、紅葉を深めていきます。10月下旬、逆光(透過光)で見る紅葉がきれいです。10月末の朝、玄関前に出て、11月上旬、順光で見ると、こんな感じです。11月中旬、葉数が少なくなってきました。11月下旬には下葉はすべて落ち、梢にだけ紅葉が残りました。11月末の現在、全ての葉が散り落ち、花芽を残して冬眠に入りました。庭の紅黄葉2020(4)~ハナミズキ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ミセバヤの花 2020
    2020/11/29 09:00
    ミセバヤの花 2020

    「ミセバヤ」は、ベンケイソウ科の多肉性の多年草で、小豆島や奈良県・富山県の一部などで、主に岩場に自生します。10月中旬、細い茎の先に着けた蕾から、小さな淡桃色の花を、密生して開花します。葉は白みがかった緑色で3枚が輪生し、縁は濃い赤色になります。11月中旬になると花が終わり、紅葉し始めました。11月下旬の現在、花は種子を結び、紅葉が進んでいます。ミセバヤの花2020

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 家庭菜園 2020(16)~「ナス」
    2020/11/28 19:48
    家庭菜園 2020(16)~「ナス」

    ナスの原産地はインド東部が有力とされ、中国経由で奈良・平安の時代に伝わったようです。5月初め、「中長ナス」の苗を2本植付けました。(手前の畝)やや下向きに、紫色の花を咲かせ、6月中旬にはたくさんの実を着けました。ピーマンと一緒に2個づつ収穫しました。6月下旬、ミニトマト・キュウリと一緒の収穫例です。8月中旬、猛暑の中で実成りが減り、この2個を収穫し休みます。夏に更新剪定をして、秋ナスを生らせるのですが、剪定を諦めて放置していました。ところが、9月中旬には元気を取り戻し、新葉を展開し、実を生らせてきました。10月初め、秋ナスの収穫例です。11月上旬になっても開花していましたが、気温が下がり、実の生育が望めないので、栽培を終了しました。家庭菜園2020(16)~「ナス」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ハナミズキの果実(2)~紅花種
    2020/11/28 09:47
    ハナミズキの果実(2)~紅花種

    ハナミズキ・紅花種の果実、10月には紅葉と同時進行となりました。開花は4月下旬です。隣りの白花種がまだ緑実の9月中旬、紅花種が早く色付いてきました。10月上旬です。10月中旬、赤熟して輝きます。連日、ヒヨドリがやってきて、果実が食され、落果もしました。この後、紅葉の最盛期は別にまとめます。ハナミズキの果実(2)~紅花種

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *yellow。~あぷりこっといろ。。薔薇たち。。4♪
    2020/11/28 06:21
    *yellow。~あぷりこっといろ。。薔薇たち。。4♪

    優しいyellow。。サンライトロマンティカ。。一重の花びら。。Mrs.Oakley Fisher。。鮮やかなリッチイエロー。。モリニュー。。淡く・・濃く・・あぷりこっといろの薔薇たち。。秋の薔薇シリーズ・・第4回は・・大好きな黄色からアプリコット色の薔薇たちを・・みていると・・こころが浮き立ちます・・つづく。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= than...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • 鉢植え大文字草の花(14)~「梅光」
    2020/11/27 19:24
    鉢植え大文字草の花(14)~「梅光」

    大文字草の園芸種「梅光」(ばいこう)は、紅梅色の八重咲花で、小輪ですがたくさんの花を咲かせます。10月中旬から咲き出しました。開き始めは色濃く、満開に近い10月下旬です。11月上旬、小さな風車のような花形が多く見られます。11月中旬には、多くの花は茶変しましたが、一部にピンク花を残しています。鉢植え大文字草の花(14)~「梅光」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • イタリアの「シャビーシックなカリスマインテリアデザイナー」のショップ♪
    2020/11/27 17:37
    イタリアの「シャビーシックなカリスマインテリアデザイナー」のショップ♪

    こんにちは。いつも訪ねてくださって、どうもありがとうございます!    今朝は、どんより曇り空のミラノです毎年この時期になると、イタリア人ママ友グループ…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • ハナミズキの果実(1)~白花種
    2020/11/27 10:34
    ハナミズキの果実(1)~白花種

    玄関右手前の植えてる、ハナミズキの白花種です。春4月下旬に開花しました。花数が多かった割には、秋の実成りが少な目でした。異常な猛暑のためと思います。9月中旬になっても緑果でした。10月上旬、赤く色付いてきました。1日中、日当たり良い場所なので、葉の痛みや枯れも出ました。10月中旬、果実が深紅に輝き、葉も紅葉してきました。この後は一気に紅葉が進みます。ハナミズキの果実(1)~白花種

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 家庭菜園 2020(15)~「オクラ」
    2020/11/26 21:57
    家庭菜園 2020(15)~「オクラ」

    アフリカ原産でアオイ科の「オクラ」です。熱帯では多年草ですが、寒さに弱く、日本では1年草です。花が美しいので、毎年2ポットの苗を植え付けています。5月下旬、空いた畝の奥半分には西洋朝顔と赤シソを植えました。6月下旬には、収穫が始まりました。7月中旬の収穫例、収穫が遅れると硬くなるので、早めに収穫します。8月上旬の収穫例、白オクラは、普通のオクラより粘りがあり、硬くなり難いです。9月上旬の、白オクラの花と果実です。10月中旬の収穫例、11月上旬、まだ花が咲き蕾もありますが、白オクラは朝顔に覆われて終わり、普通のオクラを収穫して栽培を終えました。家庭菜園2020(15)~「オクラ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植え大文字草の花(13)~「島錦」
    2020/11/26 11:03
    鉢植え大文字草の花(13)~「島錦」

    大文字草の園芸種「島錦」は、斑入り葉の紅花種です。10月上旬、花茎をあまり伸ばさないで、大きな紅花を開いてきました。10月中旬の開花姿です。大きく厚い葉は斑入り葉です。10月下旬です。11月初めの花、今夏、種苗会社から通販入手したもので、我が家で年数経れば、小型化し、大文字草らしくなるのでは?鉢植え大文字草の花(13)~「島錦」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  •    2020 晩秋のSketch  - Part 1-
    2020/11/26 01:54
    2020 晩秋のSketch - Part 1-

                                …

    小枝

    小枝's Blog “cm(センチ)な距離で…”

  • 庭の紅黄葉 2020(3)~ドウダンツツジ
    2020/11/25 19:27
    庭の紅黄葉 2020(3)~ドウダンツツジ

    庭では古木の「ドウダンツツジ」ですが、毎年、花よりも紅葉が見事です。5月上旬の花は、花数が少なかったのですが、9月下旬、一部で紅葉が始まりました。10月中旬、まだ緑葉が多いのですが、10月下旬になると、紅葉が進んできました。11月上旬、南側の玄関前通路から見ると、東側道路から見ますと、自宅の和室から見ると、11月中旬、散り落ちる前の輝きです。遅れて紅葉してきた大葉モミジをバックに、今は、ドウダンもモミジも落葉しました。庭の紅黄葉2020(3)~ドウダンツツジ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 庭の紅黄葉 2020(2)~ハナノキ
    2020/11/24 12:14
    庭の紅黄葉 2020(2)~ハナノキ

    「ハナノキ」(花の木)は、ムクロジ科の落葉高木で、長野・岐阜・愛知3県県境の、山間湿地に自生する日本固有種です。玄関前通路入った右手に苗木を植え、樹高は3m余りに成長し、秋の黄葉が明るくきれいでした。4月下旬の新葉は目立つ赤色でした。その前に赤い小花が咲くのですが、まだ開花したことがありません。5月初めの葉色です。この後緑色の楓に似た葉姿となります。秋の黄葉は遅く、10月下旬でも、まだ緑葉ですが、その4日後、10月31日には一気に黄葉しました。玄関前から見て、紅葉は手前のヤマボウシ・サトミの残り葉です。東側道路から自宅側を、南側歩道から北を見ます。背後にナツツバキやドウダンツツジの紅黄葉が、2日後の11月2日、下が3日です。11月5日、翌日にかけて一斉に落葉しました。庭の紅黄葉2020(2)~ハナノキ

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植え大文字草の花(11)~「かげろう」
    2020/11/23 17:08
    鉢植え大文字草の花(11)~「かげろう」

    ダイモンジソウの園芸種で「かげろう」(陽炎)で、太いフギレ花弁の桃色花です。10月中旬、1本だけ花茎を上げて、咲き始めです。10月下旬、太めのピンク花弁に、明瞭な切れ込みが入ります。11月上旬、蕾がすべて開き切る頃には、初めに咲いた花は、色が薄れて白色に近くなって終わります。鉢植え大文字草の花(11)~「かげろう」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 家庭菜園 2020(14)~「ゴーヤー」
    2020/11/23 10:52
    家庭菜園 2020(14)~「ゴーヤー」

    ツルレイシ、ニガウリとも呼ぶ、ウリ科のツル性1年草で、沖縄で「ゴーヤー」と呼び、全国に広がりました。自宅の菜園コーナーで、毎年1畝はウリ科の畝として、キュウリ・ミニカボチャ・小玉スイカ・ゴーヤーの苗を春に植えます。最後に残ったゴーヤーが、支柱を独占してつるを伸ばし広げました。7月中旬から、果実の収穫が始まりました。未熟な緑果、最初の収穫はキュウリと一緒に、たくさん咲く花が雄花で、こちらが雌花、花後の幼果です。吊り下がって、肥大していきます。8月上旬の、収穫適期の緑果です。採り遅れると、熟して黄変し裂開します。9月上旬の収穫例、多くはチャンプルーに料理しています。9月下旬、菜園の北側、プラムの樹にツルを伸ばして、実を着けました。リンゴとコラボしましたが、今年のリンゴは全滅に。10月下旬、オクラやナスと一緒に、11...家庭菜園2020(14)~「ゴーヤー」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 斑入りグランドカバー『ツルニチニチソウ』の2年間の育成記録~春の開花と夏の驚異的な成長・剪定
    2020/11/23 07:55
    斑入りグランドカバー『ツルニチニチソウ』の2年間の育成記録~春の開花と夏の驚異的な成長・剪定

    今回はツル性のグランドカバーとして代表的な『ツルニチニチソウ』についての記事にしました。 ツルニチニチソウは,属名である『ビンカ(Vinca)』とも呼ばれます。いくつか品種がありますが,葉にクリーム色の斑が入った品種が最もメジャーです。いずれも春に3~4cmの存在感のある紫色の花をたくさん咲かせてくれます。また,常緑多年草なので,花だけでなく周年葉を楽しむことができます。一方,とても丈夫な性質のためか,一旦根付くと,そこからの成長が驚異的で,剪定に手間がかかる植物かもしれまんせん。最近は,園芸店だけでなくホームセンターなどどこでも手に入る人気で育てやすい,つる性グランドカバーです。 今回は,我…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 鉢植ホトトギスの花 2020(9)~秋月
    2020/11/22 15:50
    鉢植ホトトギスの花 2020(9)~秋月

    鉢植えのホトトギス、今年最後に咲いたのは台湾系の改良品種「秋月」(シュウゲツ)です。純白の花弁に黄色いシベで、斑点が全くありません。10月中旬、初めの1輪が開き、10月下旬、花数を増やしてきました。まだ3号ポット植えのままなのですが、45cm程の花茎を2本伸ばしました。10月末の花、11月中旬も休みなく咲き続け、まだ蕾が3個残っています。本日の姿、蕾を1個残して、花を終えようとしています。大きい鉢に植替えるか地植えすれば、大型化して、初夏と秋の2回に、たくさんの花を咲かせるようです。鉢植ホトトギスの花2020(9)~秋月

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植え大文字草の花(10)~「緑宝」
    2020/11/21 20:44
    鉢植え大文字草の花(10)~「緑宝」

    ダイモンジソウの緑花種で、「緑宝」(リョクホウ)です。太いフギレ花弁の、淡い黄緑色の花で、10月上旬から開花しました。10月下旬、10月末の花です。鉢植え大文字草の花(10)~「緑宝」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 庭の紅黄葉 2020(1)~ヤマボウシ「サトミ」
    2020/11/21 11:25
    庭の紅黄葉 2020(1)~ヤマボウシ「サトミ」

    庭木の中でも、ヤマボウシの「サトミ」は毎年早くから紅葉して、少しづつ毎日のように落葉して来ました。5月には紅花を咲かせましたが、花数は少なく、花後の果実も途中ですべて落果してしまいました。紅葉は1番早く、8月中旬から始まっていました。9月中旬、9月下旬、紅葉した順に落葉し、葉数も減ってきましたが、まだ緑の葉も多くあります。10月上旬、背後の緑葉はハナノキで、まだ黄葉していません。10月中旬、前景のイトススキが穂を開いてきました。10月下旬、右手後方はハナミズキの「紅富士」です。11月中旬です。ハナノキも、紅富士も後から紅黄葉して落葉したのに、この「サトミ」だけは、現在も紅葉を残しています。庭の紅黄葉2020(1)~ヤマボウシ「サトミ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *まぁるく。。愛らしく。。♪
    2020/11/20 17:06
    *まぁるく。。愛らしく。。♪

    今年は何度目かの・・千日紅との出会い。。その愛らしさにいっそう惹かれて。。大船フラワーセンターにて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングこちらの花束から *...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • 鉢植ホトトギスの花 2020(8)~沙霧
    2020/11/20 10:55
    鉢植ホトトギスの花 2020(8)~沙霧

    台湾系ホトトギスの新しい品種「沙霧」(さぎり)です。細かい藤紫色の霧点が、花弁全体に広がり、繊細な印象を受けます。10月下旬、蕾が開き始めました。11月初めの2輪です。11月中旬の終い花です。花数が少ない原因の1つは、ルリタテハ蝶の幼虫による食害でした。葉裏に居るので、9月に気付いた時には食害が進んでいました。ほぼ毎年産卵するタテハチョウで、時々見ますが、今年画像が撮れたのは1回だけ、3月の雪囲い撤去の時、囲いの中で越冬していたルリタテハが、しばらく玄関前通路で日向ぼっこしてました。鉢植ホトトギスの花2020(8)~沙霧

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植え大文字草の花(9)~「瀬の雪」
    2020/11/19 10:31
    鉢植え大文字草の花(9)~「瀬の雪」

    鉢植え大文字草の花「瀬の雪」は、フギレの入る純白大輪花で、スッキリした花形です。10月中旬、3本の花茎を上げ、初めの1輪が開いてきました。10月下旬、10月末、ほぼ満開です。無肥料栽培なので、花数は少ないです。鉢植え大文字草の花(9)~「瀬の雪」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 実相寺*神代桜 2
    2020/11/18 14:15
  • オケラの花 2020
    2020/11/18 11:19
    オケラの花 2020

    「オケラ」(朮)は、キク科の多年草で、本州・四国・九州の山野に自生し、生薬や山菜(若芽を)としても利用されます。雌雄異株で、秋に、アザミに似た筒状花を咲かせます。7月中旬、茎の上部に蕾が出来ました。魚の骨のように細かく切れ込んだ、独特な苞葉が花を包んでいます。9月上旬、骨状苞葉の先が少し開いて、白い花が顔を見せました。7号中深鉢植えで、草丈は50cmほどです。9月中旬、小さな白い花が開きました。元は1株で、鉢で増殖したもので、全て雌株のようです。先が2裂した雌しべが見え、花粉を付けた雄しべが無いようです。10月上旬、花が終わってもそのままの形で残ります。11月上旬、葉が黄変し、頭状花は茶変したまま、細い茎は固く、倒れず、ドライフラワーと化してきました。晩秋に刈り払って、鉢を雪囲いの中に入れますが、オケラは、厄除...オケラの花2020

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 常緑のシルバーリーフ『モクビャッコウ』の成長と晩秋の開花!~山下公園で見かけたモクビャッコウのレポートも
    2020/11/18 06:44
    常緑のシルバーリーフ『モクビャッコウ』の成長と晩秋の開花!~山下公園で見かけたモクビャッコウのレポートも

    今回は,最近人気のシルバー(灰白色)リーフの常緑低木『モクビャッコウ(木百香)』についての記事です。別名アルテミシアとも言います。 モクビャッコウの一番の魅力はヘラ状の光沢あるシルバーリーフです。また,性質も丈夫で成長も早いですが樹形が乱れにくく,大きくなっても横張り60~80cm程度と自然とドーム状にまとまります。また,同じシルバーリーフでメジャーな『シロタエギク』と同じキク科で似た黄色い花を咲かせますが,花期が11~12月と花が少なくなる時期に開花するのも,おすすめのポイントです。 最近は園芸店でも人気らしく,直近では横浜の山下公園のバラ園で寄せ植えとしてたくさん植えられているのを見ました…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 鉢植ホトトギスの花 2020(7)~静御前
    2020/11/17 13:47
    鉢植ホトトギスの花 2020(7)~静御前

    台湾系ホトトギスの園芸種「静御前」は、比較的新しい改良品種で、弁先が桃藤色に染まります。10月中旬、咲き始めです。10月下旬、5号鉢いっぱいに葉が生い茂りましたが、開花は少なく、草丈も10数cmです。11月上旬です。大きい鉢に植え替えて肥料をやれば、もっとたくさん咲くでしょうが、手が回りません。鉢植ホトトギスの花2020(7)~静御前

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植えのアキチョウジ 2020
    2020/11/16 17:02
    鉢植えのアキチョウジ 2020

    「アキチョウジ」(秋丁字)は、西日本で山地の木陰に自生し、秋に丁字形の花を咲かせる多年草です。10月上旬、咲き始めました。長さ1、5~2cm位で、青紫色の筒状で、上唇は4裂し、下唇は船形となる唇形花です。10月中旬、7号深鉢植えで、花茎は50~70cmほど、茎頂や葉腋に花穂を出し、小さな青紫花を咲かせます。独特な形の花をアップで見ます。靴の形にも見えますが、中に4本の雄しべと1本の雌しべがあります。満開となった10月下旬です。モンシロチョウが吸蜜してました。茎や葉は除虫剤や香料にもなるそうですが、花が終わった11月、小さなハエトリグモ?顔を撮ろうと動いたら、どこかに飛びました。鉢植えのアキチョウジ2020

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 近場でも秋は堪能出来る♪県立公園の紅葉と薔薇園♪
    2020/11/16 11:51
    近場でも秋は堪能出来る♪県立公園の紅葉と薔薇園♪

    前記事で地味な作業を書いたので、今咲いている家の薔薇は後にして・・・ 休日のお出かけです。市内にある県立公園に行って来ました。 [画像] 去年の今頃は河口湖で紅葉回廊見たりしたので…

    ROUGE

    ROUCHEの額〜薔薇の国星〜

  • 鉢植え大文字草の花(8)~「黒駒」
    2020/11/15 22:02
    鉢植え大文字草の花(8)~「黒駒」

    ダイモンジソウの園芸品種「黒駒」(クロコマ)は、フギレ弁で紅花の八重咲大輪花です。10月上旬から開き始め、10月中旬の花姿です。花茎も赤軸で、花とともに少し黒味を帯びます。開き始めの花、10月下旬、10月末、4輪が咲き揃いました。開花は、時間をかけて大輪となり、1茎1花となりました。花色は薄れましたが、現在も花を着けています。鉢植え大文字草の花(8)~「黒駒」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 頼りになる大型園芸店!木村植物園ガーデン倶楽部に行ってきた
    2020/11/15 04:58
    頼りになる大型園芸店!木村植物園ガーデン倶楽部に行ってきた

    木村植物園ガーデン倶楽部は、名前の通りたくさんの植物に囲まれた素敵なお店。広くて種類が多いので、園芸好きの方なら見ているだけでも楽しいショップです。テーマパークのような店内を画像とともにレポートします

    きのこ

    きのこの庭

  • 一度は行きたい!関東エリアのおしゃれな園芸店
    2020/11/15 04:58
    一度は行きたい!関東エリアのおしゃれな園芸店

    庭づくりの参考になるような、おしゃれな園芸ショップに行ってみたい!と思い、関東方面のおしゃれな世界観のある園芸ショップをピックアップしてみました。ガーデニング意欲がアップしそうなお店ばかりです。

    きのこ

    きのこの庭

  • アンティーク家具も扱う大型園芸店グリーンギャラリーガーデンズへ行ってきた!
    2020/11/15 04:58
    アンティーク家具も扱う大型園芸店グリーンギャラリーガーデンズへ行ってきた!

    グリーンギャラリーガーデンズは、草花・樹木類が豊富なのはもちろん、ガーデン用品に雑貨、アンティーク家具と、ものすごい充実度。お店の感想を写真たっぷりで詳しくご紹介していきます

    きのこ

    きのこの庭

  • 熱海の人気スポット アカオハーブ&ローズガーデンで絶景の庭を楽しんできました
    2020/11/15 04:58
    熱海の人気スポット アカオハーブ&ローズガーデンで絶景の庭を楽しんできました

    アカオハーブ&ローズガーデンは、海の景色と山の景色の中に広がる癒しの空間。この記事では、熱海のアカオハーブ&ローズガーデンに行ってきた感想を、たくさんの写真とともにご紹介していきます

    きのこ

    きのこの庭

  • ガーデニング歴3年の初心者が思う、始める前に知っておきたかった園芸の基本知識
    2020/11/15 04:58
    ガーデニング歴3年の初心者が思う、始める前に知っておきたかった園芸の基本知識

    この記事では、ガーデニング初心者の方に向けて、「ガーデニングを始めたときに知っていれば、植物を枯らしてしまったり、無駄に悩んだりせずにすんだかも…」と思ったことをまとめて紹介しています。

    きのこ

    きのこの庭

  • 鉢植ホトトギスの花 2020(6)~星雲
    2020/11/14 10:20
    鉢植ホトトギスの花 2020(6)~星雲

    台湾系ホトトギスの園芸種で、「星雲」という品種は、青地に濃い紫の斑点が入る花です。10月上旬から咲き始めました。10月中旬、10月下旬、5号深鉢植えで、40cmほどの長い花茎を伸ばしています。10月末、蕾を1個残し、花の終盤です。花茎が枝垂れ気味になってきました。南向きの玄関で開花し、現在はまた北側の山草棚に帰りました。鉢植ホトトギスの花2020(6)~星雲

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 簡単・安全!ツバキ(椿)を自分で伐採・処分!~チャドクガ(毛虫)など害虫対策と必要な道具
    2020/11/14 08:23
    簡単・安全!ツバキ(椿)を自分で伐採・処分!~チャドクガ(毛虫)など害虫対策と必要な道具

    今回はツバキ(椿)の伐採についての記事です。冬に花を咲かせる代表的な庭木「ツバキ」ですが,放っておくと平気で5m以上に大きくなりますし,なんといっても数ある毛虫の中でも凶悪な『チャドクガ』という毛虫がつきます。チャドクガの被害については記事に詳しく書きますが,猛烈な痒さが1~2週間続くという非常に厄介なものです。 我が家の裏にはには,樹齢数十年のツバキが数本あるのですが,病害虫予防しても毎年チャドクガが発生してしまい子供が触ったら怖いということ,また裏庭の風通しを良くしたいとということもあり,仕方なく今回伐採することにしました。 以前に,高さ7m,直径60cmの栗の大木の伐採について記事にしま…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 菊人形・菊花展(岐阜公園)2020年11月3日撮影
    2020/11/14 06:44
    菊人形・菊花展(岐阜公園)2020年11月3日撮影

    皆様、ブログを読んでコメント、 いいねを頂き有難う御座います。岐阜市の岐阜公園で開催されている菊人形・菊花展へ行きました。  織田信長 と 濃姫   岐阜県美…

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • *pink。。秋桜。。♪
    2020/11/14 06:15
    *pink。。秋桜。。♪

    可憐。。優美。。たおやか。。どれも似合う・・pink の花たち。。大船フラワーセンターにて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングこちらの花束から *足跡&メッセー...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • イタリアから、シャビーシックな美しいアートをお届け致します♪
    2020/11/13 19:56
    イタリアから、シャビーシックな美しいアートをお届け致します♪

    こんにちは。いつも訪ねてくださって、どうもありがとうございます!    ご無沙汰しておりますバタバタと過ごしている間に、ミラノの秋も大分深まってまいりました�…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • クランベリーの栽培(2)~果実
    2020/11/13 10:38
    クランベリーの栽培(2)~果実

    北米や北欧などに自生するクランベリー(cranberry)は、日本名をオオミツルコケモモとも呼び、高さ10cmほどの矮小低木で、つる性果樹です。花は6月上旬に咲きました。活きた水苔とともに鉢で成長し、日当たり良く、水切れしないように、鉢受け皿に常に水を溜める程にします。7月中旬には、丸い緑実が生りました。8月初めです。門脇の大石の上で、朝晩の水やりは欠かせません。8月中旬には、色付いてきた果実も見えます。9月中旬、長く垂れ下がったツルにも、実が着いています。9月末、10月中旬です。10月末、果実が赤く熟してきたようです。11月初め、熟した果実は、鶴(crane)の好物なんだそうです。11月3日、収穫しました。過熟して落果したり、鳥に食べられたりで、量は少しでしたが、ジャムにしようと、とりあえず冷凍しました。池脇...クランベリーの栽培(2)~果実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • クランベリーの栽培(1)~花
    2020/11/12 09:38
    クランベリーの栽培(1)~花

    「クランベリー」はツツジ科の常緑低木、つる性の果樹でもあり、北半球寒帯で酸性の沼地に自生します。果実は酸味が強く、生食には向かないが、ジャムやジュースの原料となります。花弁が反り返った独特な花を咲かせます。生きたミズゴケで鉢植えし、長年植え替えていません。東の道路から入った右手の大石の上に、受け皿に入れておきます。樹高は10cm位の矮小低木で、小さな葉を付けた枝は細く、横に這い、長く垂れ下がります。6月上旬、花が満開の頃です。茎・ガク・花弁が、crane=クラン=鶴の首・頭・嘴に似ているとも言われる白花です。6月中旬、花弁がピンクを帯びてくると花の終盤で、花弁が落ちた後、子房が膨らんで果実が出来ます。果実は(2)に続く、クランベリーの栽培(1)~花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

カテゴリー一覧
商用