searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

花は最大にして最高の心の癒し

THEME help
花は最大にして最高の心の癒し
テーマ名
花は最大にして最高の心の癒し
テーマの詳細
花に癒され、元気になりませんか?そんな花達にたくさん出逢いましょう。 どんどんトラックバックしてくださいね♪
テーマ投稿数
10,108件
参加メンバー
433人
管理人
まっつ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「花は最大にして最高の心の癒し」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「花は最大にして最高の心の癒し 花・園芸ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

花は最大にして最高の心の癒しの記事

1件〜50件

  • 実桃「武井白鳳」の栽培(1) 春の花
    2021/07/24 10:14
    実桃「武井白鳳」の栽培(1) 春の花

    自宅南側、菜園コーナーとの間に1列に果樹を植えました。桃の品種は「武井白鳳」(タケイハクホウ)という早生系品種です。矮性台木接ぎ木苗(YD苗)なので、コンパクトに栽培できます。葉の展開前に咲く、春の花だけでも綺麗です。3月末、開花直前の蕾です。4月初め、開花し始めました。桃色の5弁花は、初め淡色で、徐々に色濃く、2~3日で、満開状態となり、花は長く咲き続け、4月中旬、カワラヒワが訪れました。花がたくさん咲いて、花後の果実もたくさん着きます。5月上旬の実成です。果実の収穫は(2)で、実桃「武井白鳳」の栽培(1)春の花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • シャビーシックなリボン♡ランプシェードと、イタリアサッカー界のイケメン王子♪
    2021/07/23 17:44
    シャビーシックなリボン♡ランプシェードと、イタリアサッカー界のイケメン王子♪

    こんにちは♪今日も訪ねてくださり、ありがとうございます!     昨夜の大雨の後のせいか、 涼しい朝を迎えた今朝のミラノです早速ですが、 こちらは当ショップで…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • 暑い夏 ひまわりの夏
    2021/07/23 10:05
    暑い夏 ひまわりの夏

    青空の下、鮮やかな黄色が夏を彩ります。河北潟干拓地ひまわり村 真夏の早朝、おはようございます。^^佐賀市兵庫町 ひょうたん島公園 こちらは炎天下で、ひまわりも燃えているようです。河北潟干拓地ひまわり村 夏の風物詩のひまわり。やっぱり、花色はビタミンカラーですね。佐賀市兵庫町 ひょうたん島公園 今年の夏も暑い日が続きます。おととい朝起きたら突然目眩がしました。病院行ったら疲労って言われました。若い時の...

    ヤマボウシ

    日々の徒然日記

  • ウチョウランの仲間(2) 「サツマチドリ」
    2021/07/23 10:05
    ウチョウランの仲間(2) 「サツマチドリ」

    ウチョウランは、本州~九州の低山に分布する小型地生ランです。地域変異が多く、鹿児島県の下甑島の岩場に自生するのが「サツマチドリ」(薩摩千鳥)です。7月上旬、2本の花茎を上げて開花しました。地域変異種として、他に佐賀県のクロカミラン(黒髪蘭)や、長崎県のクロシオチドリ(黒潮千鳥)もあったのですが、長年の鉢栽培中に消えてしまいました。ウチョウランの仲間(2)「サツマチドリ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *繊細な美しさ。。*Lotus Flowers*♪
    2021/07/23 07:49
    *繊細な美しさ。。*Lotus Flowers*♪

    繊細な美しさに・・こころを奪われて。。大船フラワーセンターで出会えた蓮の花たち・・今回がラストになります・・その時々のさまざまな表情に・・はっとするような美しさを感じ・・夏がくるたびに会いたくなる花たちです・・今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • ヤマアジサイの花(5)「くれない」
    2021/07/22 11:02
    ヤマアジサイの花(5)「くれない」

    ヤマアジサイの「くれない」(紅)は、赤松の樹下に植えて、たくさんの花を咲かせてきましたが、半枯れ状態で、小さな枝葉だけになりました。代わりに、予備の鉢植えの花です。異常高温が続いた今年、緑の葉も銅葉に変わってしまいました。装飾化が開いた6月上旬、初めは白色です。その5日後、ガクの色が白から赤に変わって来ます。中心部の両性花も開き始めました。6月中旬、徐々に赤色が濃くなり、6月下旬、クレナイ(紅)のガク咲きとなりました。白い雄しべが目立つ両性花は、半透明の花弁ですぐに散ります。7月上旬、装飾花が反転しましたが裏も赤色です。7月中旬、両性花は結実し、装飾花はガクなので、散らずに長持ちしています。ヤマアジサイの花(5)「くれない」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ウチョウランの仲間(1) 「アワチドリ」
    2021/07/21 08:59
    ウチョウランの仲間(1) 「アワチドリ」

    ウチョウランは小型の地生ランで、低山の岩場などに自生し、野性では希少化しました。地下に小豆大~小指頭大の球根をもち、草丈は5~20㎝前後で、細い葉が数枚つきます。6~7月に開花し、唇弁に紅紫色の斑紋と、距があり、アワチドリやサツマチドリなど、地域変異が多いのも特徴です。近年は品種改良が進み、園芸植物化しました。「アワチドリ」(安房千鳥)は、千葉県南部に自生し、小型ですが着花数が多いのが特徴です。7月上旬の野生種、3号深鉢植えで草丈は10数cm、花茎9mmほどの小輪花で、後方に突き出た距(きょ)が長い。以下は人工交配種のアワチドリです。3.5号鉢植えで、6月中旬から咲き始め、6月下旬、1輪の花径は12mm程、草丈は数cm~10数cmで、増殖しています。7月上旬です。猛暑の玄関前で、咲き終えようとしています。ウチョウランの仲間(1)「アワチドリ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *こころ惹かれた 蓮のつぼみたち。。♪
    2021/07/21 07:14
    *こころ惹かれた 蓮のつぼみたち。。♪

    ふっくらと丸みを帯びた・・その姿にこころ惹かれて。。蓮のつぼみが好きで・・ついいっぱい撮ってしまいます・・蓮の花がつづいてますが・・つぼみが好き・・もしそんな方がいらしたら嬉しいです・・大船フラワーセンターにて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどい...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • ヤマアジサイの花(4)「甘茶」
    2021/07/20 12:00
    ヤマアジサイの花(4)「甘茶」

    ヤマアジサイの変種の1つ「甘茶」(アマチャ)は、葉に甘味があり、色合いが少し異なる2鉢を栽培してます。4号鉢で20cm、5号鉢植えが40cm程の樹高になります。(魚沼の実家の庭には甘茶が植えてあり、若葉を蒸して乾燥させ、煎じた甘茶を、釈迦像に注ぐ灌仏会(花祭り)は、保育園も幼稚園も無い村で、子供たちが寺に集まった、懐かしい思い出があり、甘茶の味も忘れません。)6月上旬、装飾花(3~4枚の花弁状のガク咲き)が開き始めます。6月中旬、淡青紫色の花です。6月下旬、中心部の両性花が一斉に開きました。淡青色で半透明の小さな5弁花で、雄しべ・雌しべを持ちます。7月上旬、装飾花は反転し、両性花は結実します。7月中旬、反転した装飾花は濃い紅色に変わり、中心花はたくさんの種子を作っています。これから剪定して休ませます。ヤマアジサイの花(4)「甘茶」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ユリの花 2021(4)「コンカドール」
    2021/07/19 10:56
    ユリの花 2021(4)「コンカドール」

    「コンカドール」は花の中心が黄色で、周辺はクリーム色となります。花径が20cmほどにな巨大輪で、イエローカサブランカともいう。(日本原産のユリを改良し作出された品種群=オリエンタルHBの1種で、プリンスプロミスもそうです。)プランター植えで、花茎を1本、1m近く伸ばしてきました。7月上旬の咲き始めです。翌日、花が一回り大きくなって、7月中旬、2輪目が開花しました。現在は庭のあちこちで、2種のオニユリが咲き乱れています。ユリの花2021(4)「コンカドール」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 暑い夏 蓮の花が咲く頃に
    2021/07/18 23:13
    暑い夏 蓮の花が咲く頃に

    今日の花は蓮の花です。こなん水辺公園 圃場(ほじょう)蓮池 撮影分より  やっぱり、蓮の花は綺麗ですね。暑い夏 蓮の花が咲く頃になりました。八重の蓮、ピンクの花色が魅力的。金沢市 こなん水辺公園 蓮の花(八重)  梅雨が明けて、本格的に暑い夏がやってきましたね。蒸し暑さも日に日に増しているようです。青空に真っ白な入道雲を見ると、夏の到来を感じます。2021年の夏も、体力付けて乗り切...

    ヤマボウシ

    日々の徒然日記

  • ハナイカダの 花と果実(2) 果実
    2021/07/18 09:40
    ハナイカダの 花と果実(2) 果実

    「ハナイカダ」(花筏)は、北海道南部~九州の林内や沢筋に自生し、雌雄異株なので、雄株と雌株を通販で入手しました。池端の黒松と枝垂れモミジの間の樹下で、4月下旬から5月上旬に、葉の中央に花を咲かせました(1)。花後の果実は緑色で、7月に茶色から黒色に変わって熟します。5月中旬、雌木の雌花は、開花位置で子房を膨らませ、果実を作ります。5月下旬の緑の果実、大部分は1個ですが、2~3個の果実もあります。7月初めの果実は、緑色から、茶色へ、そして、黒く熟して輝きます。黒熟した果実は、中に2~4個の種子を含み、甘みがあって食べられます。ハナイカダは新芽や新葉も食べられるそうです。この果実、現在は1個残らずヒヨドリに食べられてしまいました。ハナイカダの花と果実(2)果実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ハナイカダの 花と果実(1) 花
    2021/07/17 11:42
    ハナイカダの 花と果実(1) 花

    「ハナイカダ」(花筏)は、ハナイカダ科(かつてはミズキ科)の落葉低木で、幹は株立ち状となり太くはならず、樹高2~3m。花をのせた葉を筏に見立てたネーミングです。雌雄異株なので、池脇の黒松と枝垂れモミジの樹下に2株一緒にして植えました。樹高は70~120cm程です。4月下旬、雄木の葉の中央にできた数個の蕾、開き始めです。黄緑色の葉に、黄緑色の花なので、注意してないと見落としてしまいます。花弁は3~4枚で、たくさんの花粉を蒔いて、散り落ちます。雌木は雌花を咲かせます。1個が多いのですが、中には3個咲かせるものもあります。葉の主脈から栄養を得て、出来た蕾です。4月末、開花と同時に花粉を浴びています。5月初め、受粉が済んで、雄花は落ちますが、雌花は残って果実を作ります。実生りは(2)で、ハナイカダの花と果実(1)花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 初夏から秋まで長く花が咲く!『エキナセア』の成長記録~1年目の”開花”と”冬越し”、2年目の”急成長”と”開花”~
    2021/07/17 07:46
    初夏から秋まで長く花が咲く!『エキナセア』の成長記録~1年目の”開花”と”冬越し”、2年目の”急成長”と”開花”~

    「エキナセア」はキク科 / ムラサキバレンギク属(エキナセア属)の宿根草です。同じキク科のマーガレットなどと似た雰囲気の花を咲かせますが,花の中央部分が大きく膨らんだ特徴的な見た目で,花自体も大きいです。また,品種によりますが,株も最大高さ1mくらいに大きくなります。 一方,とても丈夫で手入れが簡単で,ほぼ放置でも夏から秋まで長く花が咲いてくれます。最近ではたくさんの花色,花形の新品種も登場していて,とても人気の夏のおすすめ宿根草です。 我が家では,昨年の夏に裏庭に植え付けましたが,晩秋まで長く咲き,無事冬を越ししてくれました。また,春に芽吹いた苗は初夏に大きな株に成長して夏にたくさんの花を咲…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • *pure。。白い蓮の花。。♪
    2021/07/17 06:44
    *pure。。白い蓮の花。。♪

    pure。。こころ洗われる白い蓮の花。。大船フラワーセンターにて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングplease follow me..➡ facebook【 光と・・風を感じて・・♪ ...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • ユリの花 2021(3)「プリンスプロミス」
    2021/07/16 12:13
    ユリの花 2021(3)「プリンスプロミス」

    「プリンスプロミス」はテッポウユリの交配種です。7号鉢植えですが、今年は1輪だけの開花でした。6月下旬の開花です。花形はテッポウユリで、淡桃色の大輪花です。開花2日後ですが、十分に全開できない感じでした。ユリの花2021(3)「プリンスプロミス」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ヤマアジサイの花(3)「七段花」
    2021/07/15 10:23
    ヤマアジサイの花(3)「七段花」

    ヤマアジサイの「七段花」(シチダンカ)は、シーボルトが「日本植物誌」で紹介され、幻の花とされていましたが、1959年、神戸市六甲山で発見されました。5号深鉢植えで、樹高20数cm、今年も開花しました。6月初め、ガクの装飾花が開き始めます。6月上旬、開花です。青色八重咲の装飾花が、繊細な星形。中心部の両性花は退化し、開花前後に枯れ落ちてしまいます。6月中旬です。6月下旬には、装飾花が反転しました。7月上旬、こんな花色で終わりを迎えました。ヤマアジサイの花(3)「七段花」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 真夏のうみなか ポーチュラカ
    2021/07/14 21:09
    真夏のうみなか ポーチュラカ

    暑さに負けないポーチュラカが夏を彩ります。海の中道海浜公園(うみなか)カナール花壇 2019年夏撮影 照り付ける太陽の下でも元気なポーチュラカ。ポーチュラカは 学名:Portulaca 和名:ハナスベリヒユ ポーチュラカの元気と噴水の水しぶきが嬉しい。今週の福岡は暑い日が続いています。夜はもう熱帯夜に近いです。今日は真夏でも元気なポーチュラカの花をアップしました。夏バテしないよう頑張らないとね。Have a nice ...

    ヤマボウシ

    日々の徒然日記

  • バラの町-安八郡神戸町バラ公園(2021年5月15日撮影)-その2
    2021/07/14 05:34
    バラの町-安八郡神戸町バラ公園(2021年5月15日撮影)-その2

    皆様、ブログにコメント、いいねを頂き有難う御座います。 私の住む岐阜県大垣市の隣町、安八郡神戸町(ごうどちょう)は、 日本有数のバラ栽培が盛んな町です。   …

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • ハイビスカスと熱帯性スイレン
    2021/07/13 09:36
    ハイビスカスと熱帯性スイレン

    当地方も、週間天気予報を見るともうすぐ梅雨明けしそうですね♪。夏の大船フラワーセンター花散歩の続きでグリーンハウス(旧観賞温室)の花をアップします。温室なので季節に関係なくいつでも熱帯性の綺麗な花が楽めますが・・鮮やかでカラフルな南国の花を観ていると、一足先にスカッと夏気分!になりますね♪。南国を代表する花の定番と言えば・・やはりこの花、ハイビスカスですね!。熱帯性スイレン。グリーンハウスの外にはヤシの木と蓮の花のコラボ。ハイビスカスと熱帯性スイレン

    庭先の四季

    庭先の四季

  •  ユリの花 2021(1)「ロリーポップ」
    2021/07/12 09:38
    ユリの花 2021(1)「ロリーポップ」

    ユリ(百合)の園芸品種「ロリーポップ」(ロリポップ)は、日本原産のスカシユリをヨーロッパで交配育種したものです。6月上旬、初めの1輪が開きました。鮮やかなバイカラー(二色咲き)で、白にピンクの縁取りです。盃状の花を上向きに着け、花弁の付け根付近がやや細く、隙間が見えるのが、透かし百合の特徴です。6月中旬です。7号深鉢植えで40cmほど茎を伸ばして開花です。2日後、4本の花茎で、計6輪が咲き揃いましたが、初めに咲いた花は、色が薄れてきました。ユリの花2021(1)「ロリーポップ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 8/1(日)香りのワークショップ(浜松市中区)
    2021/07/11 23:06
    8/1(日)香りのワークショップ(浜松市中区)

    8/1(日)には香りのワークショップをIGUZIONEcafe浜松で開催します。天然アロマの魅力を以下の催しを通して体験してみませんか?✨天然香水づくり体験ま…

    アカエゾマツ君

    浜松発 音楽とアロマとワインとわたし

  • 実梅「藤五郎」の栽培(2) 果実の収穫
    2021/07/11 10:53
    実梅「藤五郎」の栽培(2) 果実の収穫

    3月に開花した、新潟の実梅「藤五郎」、6月末に果実を収穫し、梅酒、梅ジュース、ジャムに加工しました。5月上旬の実成りです。果実が大きくなった6月中旬です。6月下旬には色付いてきて、自然落果する果実が連日出てきました。6月28日、収穫しました。もっと早く収獲すべき?今年の収量は少しになりました。後は妻に任せて、梅干しと梅ジュースに加工中です。花梅の「紅千鳥」の樹にも数個の実が生っていました。「藤五郎」の樹も、見直したら数個の取り残しの実があったので、一緒にしてジャムを作りました。少量ですが、酸味が利いて美味しく、昼食のパンでいただいてます。実梅「藤五郎」の栽培(2)果実の収穫

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 実梅「藤五郎」の栽培(1) 早春の花
    2021/07/10 18:55
    実梅「藤五郎」の栽培(1) 早春の花

    「藤五郎」(トウゴロウ)梅は、新潟特産の実梅で、主に新潟市亀田地区で栽培されています。HCで苗木を購入して、リンゴや桃と並べて、自宅南側で菜園との境に植え、冬の雪囲いは板で囲いますが、樹が大きくなって、囲い板の隙間から外に枝を伸ばしています。膨らんできた3月初めの蕾、3月上旬から、囲いの外で開花し始めました。3月18日、庭師により雪囲いを撤去した日、3月下旬の開花姿です。花は、少しピンクを帯びた白い5弁花です。実成りから収獲は(2)で、実梅「藤五郎」の栽培(1)早春の花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 【おしゃれな白いガーデンアーチを設置!】錆びて壊れた古いアーチの撤去,新しいアーチの組み立てと錆止め処理、設置まで
    2021/07/10 10:36
    【おしゃれな白いガーデンアーチを設置!】錆びて壊れた古いアーチの撤去,新しいアーチの組み立てと錆止め処理、設置まで

    庭をおしゃれにするガーデンアーチですが,アイアン(鉄)製のものが多く,手入れが不十分だと錆(さび)により数年でボロボロになってしまいます。また安価なタイプのものは,安定性が低く,台風などの強風で物理的なダメージを受けてしまいます。 我が家の古いガーデンアーチもデザインは気に入っていたのですが,軽量タイプ故の強風によるダメージと,手入れ不足が原因の錆が原因で,3年ほどで壊れてしまいました。 今回は,その反省を生かして,重量感のあるアーチを購入し,組み立て後の錆止め対策をしっかりしてから設置しました。記事では,新しいガーデンアーチの組み立てから,錆・強風対策,設置の様子,最後に新しいツルバラの植え…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 家庭菜園2021(1)「アスパラガス」
    2021/07/10 10:18
    家庭菜園2021(1)「アスパラガス」

    自宅庭に、菜園コーナーを作り、家庭菜園を楽しんでいます。「アスパラガス」は地中海東部原産で、ユリ科またはキジカクシ科の多年草です。採れたてのアスパラが甘く、スーパーで買うものとは全く違います。一度植えると殆んど放任でも、10年位は毎年収穫できます。自宅を改築し庭を作り変えた翌年、2005年に苗を4株植え、3年目から収穫し、多い年は数10本の収穫がありました。2018年突然、全滅状態となり、別の畝に新たに苗を植えました。昨年から収穫しましたが、今年は太い芽が少なく収獲は数本でやめ、堆肥と肥料を施して株の充実を図ります。4月中旬に収穫出来だ新芽です。4月下旬のアスパラ畝、5月初めの菜園コーナー、7畝あり、画像下がアスパラ畝です。昨日のアスパラ畝の状態です。期待来年から収穫が殖えると期待しています。この菜園では、エン...家庭菜園2021(1)「アスパラガス」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 庭の「スイセンノウ」
    2021/07/09 10:53
    庭の「スイセンノウ」

    「スイセンノウ」(酔仙翁)はナデシコ科の多年草で、ヨーロッパ南部原産で、別名フランネル草、リクニスとも呼びます。散歩中にいただいた種子を蒔き、庭に白花と赤花2種が咲き群れています。白花種の方が多く咲いていて、6月初め、菜園コーナーの脇で群落をつくりました。茎葉全体に白い綿毛が密生(フランネルを連想)しています。茎頂に花径3cm程の白い5弁花、終盤には中心部が薄紅に染まってきます。ほろ酔い状態?6月初め、庭南の塀脇で咲き始めた赤花種です。街中ウォーキングで見るスイセンノウは赤花が多く、酔仙翁は、酒に酔った姿を連想した?アジサイの脇で咲く6月下旬です。多年草でも親株の寿命は短いのですが、花後にたくさんの種子を作り、自然実生で殖えます。庭の「スイセンノウ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ヤマアジサイの花(1)「黒姫」
    2021/07/08 11:45
    ヤマアジサイの花(1)「黒姫」

    ヤマアジサイ福島以西の本州・四国・九州に分布する落葉低木で、山地の沢沿いなどに自生します。地域による花形花色の変化に富み、葉が薄く細長く小型で、鉢植えにも適します。「黒姫」(くろひめ)は、奈良県産で黒姫山とは無関係で、葉や茎も黒味を帯び、黒を含んだような深い青紫色の花を咲かせます。庭の池脇で、大モミジの樹下に植えて、樹高80cm余りです。5月下旬、咲き始めました。花の周辺で、4枚の花弁状のガクを持つ装飾花が開きます。6月上旬です。中心部に多数の両性花があり、遅れて開いてきます。小さな紫色の五弁花で、オシベ・メシベを持ちます。池の錦鯉とともに、6月中旬、サツキやハナショウブと共演でした。ヤマアジサイの花(1)「黒姫」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植えのサツキ(3) 二重咲き
    2021/07/07 11:42
    鉢植えのサツキ(3) 二重咲き

    小鉢植えのサツキ、品種名分かりませんが二重咲きです。柴犬と散歩していた頃、公園で折れ落ちた枝を拾い、ダメモトで挿し木したものでした。遅咲きで、6月中旬から咲き出しました。6月下旬、次々と開花します。6月末の花、七夕の今日、雨上がりの曇天ですが、まだ元気な姿を、鉢植えのサツキ(3)二重咲き

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 金峯神社の「茅の輪くぐり」
    2021/07/06 22:04
    金峯神社の「茅の輪くぐり」

    長岡市街地の北西部に位置する金峯(きんぷ)神社は自宅から歩いて10数分で、ウォーキングコースの1つです。6月30日は「夏越の大祓式」で、半年の節目に、茅の輪を通り、心を正常に保ち、災いから身を守ります。誰もいない7月1日、茅の輪をくぐり、参拝しました。ドイツに行って4年目の長男夫婦と孫の安全、コロナの終息も願ってきました。ウォーキングでの画像は出番がないので、新緑の頃の画像、欅の巨木に囲まれた参道を歩くのが好きです。この参道で行われる「流鏑馬神事」は今年も出来ませんが・・・金峯神社の「茅の輪くぐり」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植のサツキ(2)「緋梅」
    2021/07/06 10:10
    鉢植のサツキ(2)「緋梅」

    小鉢植えのサツキ「緋梅」(ヒバイ)は、紅梅の枝変わりで、花色は緋赤、紅紫色、白色の単色や玉斑入りとなります。遅咲きで6月中旬の咲き始めの花、下旬に咲いた花です。(操作ミスで、再投稿しました。)鉢植のサツキ(2)「緋梅」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 大垣市武道館のハナハス(2021年7月3日撮影)
    2021/07/06 05:27
    大垣市武道館のハナハス(2021年7月3日撮影)

    皆様、ブログを読んでコメント、 いいねを頂き有難う御座います。  私の住む街にある大垣市武道館東側にあるハス池は、約80種800鉢のいろんな蓮が楽しめます。 …

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • 七月(文月)蓮の花
    2021/07/05 20:41
    七月(文月)蓮の花

    夏の花、蓮の花言葉は清らかな心、神聖。金沢市 こなん水辺公園 蓮の花(八重)   泥水の中から、明るいピンク色の花を咲かせます。一年に4日、朝早くに開花する蓮の花。儚くも清らかで凛とした花姿が美しいです。そして、花が開くときにポンと音がするとかしないとか。といっても、やっぱり音はしませんよね。カエルが池に飛び込んだ時の音なのかな。(笑)今日は蓮の花(八重)をアップしました。ところで、7月は...

    ヤマボウシ

    日々の徒然日記

  • 今年咲いた花菖蒲(3) 「曙光」
    2021/07/05 09:30
    今年咲いた花菖蒲(3) 「曙光」

    池端に植えたハナショウブ「曙光」(ショコウ)は、極白地に極薄いピンク色が入りますが、咲き始めだけで、殆んど白色となりました。6月中旬、2本の花茎を上げて開花しました。隣りの「万里の響」と並んで、東側で咲いているヤマアジサイ「黒姫」をバックに、池の鯉ともコラボして、6月下旬、花弁が萎み始め、花の終わりです。今年咲いた花菖蒲(3)「曙光」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植えのサツキ(1)「鹿山」
    2021/07/04 07:40
    鉢植えのサツキ(1)「鹿山」

    小鉢植えのサツキ「鹿山」(カザン)は、大盃の枝変わりで、葉が角張った葉に変化しました。6月上旬の山草棚で、僅かに数輪咲いたものです。オレンジがかった紅色で、花肉の厚い小輪花です。鉢植えのサツキ(1)「鹿山」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 今年咲いた花菖蒲(2) 「万里の響」
    2021/07/03 10:27
    今年咲いた花菖蒲(2) 「万里の響」

    池の南側に植えたハナショウブ「万里の響」(バンリノヒビキ)は、外花被は丸弁で大きく、白地に青紫色の筋が入り、内花被は紫色の字に、白色の覆輪が入る、江戸系の品種です。6月中旬、最初の1輪が開きました。開花翌日、株が増殖していて、他に蕾が3個着いています。6月下旬です。初めの1輪が萎み、次の2輪が同時に開きました。その翌日には3輪が咲き揃いました。今年咲いた花菖蒲(2)「万里の響」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 【家庭菜園】『リーフレタス』の成長と収穫・とう立ち後の開花~外葉を「かきとり収穫」して長く楽しむ!
    2021/07/03 07:14
    【家庭菜園】『リーフレタス』の成長と収穫・とう立ち後の開花~外葉を「かきとり収穫」して長く楽しむ!

    今回は家庭菜園ネタです。昨年は定番の「ミニトマト(カゴメ凛々子)」を栽培してみましたが,今回も初心者向きの野菜「リーフレタス(フリルレタス)」育ててみました。「リーフレタス」は,苗から育てるのが一般的で,ミニトマト同様に栽培が容易な野菜です。 今回の記事では,少し分かりにくいレタスの分類について簡単にまとめた後,リーフレタスの育成記録と収穫の様子,さらにその後に「とう立ち」してからの開花の様子について紹介します。特に収穫では,外葉から少しずつ収穫する「かきとり収穫」をすることで,長期間レタスの栽培と収穫を楽しむことができました。ミニトマトで必要な,誘引やわき目の処理なども不要で,とても初心者向…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

  • 庭のサツキ(2) 白花
    2021/07/02 10:43
    庭のサツキ(2) 白花

    元から庭に在った白花のサツキで、名称は不明で、赤松の樹と玄関前通路の中間に植えてあります。5月下旬の咲き始めの頃、6月上旬、咲き終えた花ガラを摘み取った後、6月中旬、まだ蕾もあって、長く咲き続けました。先日花後の処理をして、現在庭で咲いている樹は、紫陽花だけになりました。庭のサツキ(2)白花

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 初夏のうみなか アガパンサスの青紫
    2021/07/01 21:13
    初夏のうみなか アガパンサスの青紫

    爽やかな花色のアガパンサス。別名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)花色は青紫。アガパンサスの花姿はユリの花のよう。アガパンサス / Agapanthus  暑い夏の時期に、清涼感をもたらしてくれる花ですね。こちらの花色は白。白いアガパンサスです。福岡市東区 海の中道海浜公園 2020年7月撮影分より 日曜日は気温がどんどん上がって真夏日になりました。午後には少し眩暈がしそうなくらい暑かったです。寒いのも苦手...

    ヤマボウシ

    日々の徒然日記

  • 世界的に著名なハープ奏者様の、フレンチスタイルのエレガントなサロン♪
    2021/07/01 19:59
    世界的に著名なハープ奏者様の、フレンチスタイルのエレガントなサロン♪

    こんにちは!今日も訪ねてくださり、どうもありがとうございます♪      以前、こちらでもご紹介させて頂きましたが、  大変著名なハープ奏者でいらっ…

    カリーナ

    CASA DOLCE CASA ミラノでシャビーシックな暮らし

  • 今年咲いた花菖蒲(1) 「爪紅」
    2021/07/01 10:57
    今年咲いた花菖蒲(1) 「爪紅」

    園芸種の「花菖蒲」(ハナショウブ)は、アヤメ科の多年草で、原種の野花菖蒲は濃い紫色花です。「爪紅」(ツマベニ)は、白い花弁で、内花被の先にのみ、薄紅紫色に染まります。原種の野花菖蒲に近い花形です。鉢植えで1本だけ花茎を上げ、6月中旬に初めの1輪が咲きました。その5日後、2輪目が開花、花弁の付け根が黄色で、アヤメのような網目模様無いのが花菖蒲です。(参考に)今年は葉だけで、開花しない鉢植えの野花菖蒲の過去画像です。今年咲いた花菖蒲(1)「爪紅」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *ピンクのアナベルにときめいて。。♪
    2021/07/01 07:18
    *ピンクのアナベルにときめいて。。♪

    ピンクのアナベルにときめいて。。白の気品に心奪われて。。紫陽花の咲くころ・・横浜山手イタリア山庭園にて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングplease follow m...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • 庭のサツキ(1)「大盃」
    2021/06/30 11:13
    庭のサツキ(1)「大盃」

    サツキ(皐月)はツツジ科で、他のツツジより1月ほど遅れて開花し、旧暦の5月(皐月)頃、に咲き揃うところから名が付きました。「大盃」(オオサカズキ)は、定番の紅花品種で、池周りの石組みの間に5株植えました。ツツジが咲き終わった5月下旬、サツキが咲き始めました。池の錦鯉と一緒に、6月上旬、玄関手前のハナミズキの樹下でも1株咲いています。池周りで花数が増えてきました。6月中旬、池の南側、サツキ4株と、右端にヤマアジサイが咲いてきました。翌日には花菖蒲も開花してきました。6月末には、花ガラ摘みで汗を流しました。庭のサツキ(1)「大盃」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 今年も雑草の中でイチゴ狩り
    2021/06/29 10:55
    今年も雑草の中でイチゴ狩り

    元はHCで購入したイチゴ苗ですが、プランター栽培で病気と虫や鳥の被害で失敗、ツルを伸ばして出来た子苗の子孫が、空き地の雑草の中で、今年もたくさんの実成りがありました。4月中~下旬、雑草の中で、白い5弁花が咲きました。近くの空き地(住宅跡地)に果樹を植え、菜園も作りましたが、耕すことのない場所は、スギナの海です。5月下旬、スギナに守られ、鳥や虫の被害を受けず、無農薬無肥料、放任ですが、実が熟してきました。光を求めて菜園周りに出てきた株もあります。6月上旬、収穫前に雑草を整理して、コンデジで記録撮影を、収穫の都度、冷凍しておきますが、この日の収穫は大量でした。自宅庭の菜園コーナー周りでも、ニラや雑草と競っているイチゴがいます。収穫が終わると、冷凍していたイチゴに、ジューンベリーの実も一緒にして、ジャムを作ります(妻...今年も雑草の中でイチゴ狩り

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 谷汲ゆり園(2021年6月26日撮影)
    2021/06/29 05:29
    谷汲ゆり園(2021年6月26日撮影)

    皆様、ブログを読んでコメント、いいね、ペタを頂き有難う御座います。 今回は、岐阜県揖斐郡揖斐川町にある谷汲ゆり園(←クリックサイトリンク)です。 岐阜が誇る絶…

    コウチャン

    魚、自然、田舎、旅をオヤジが撮影

  • 庭の「ヤマボウシ」(2)「紅富士」
    2021/06/28 10:16
    庭の「ヤマボウシ」(2)「紅富士」

    庭植えの紅花ヤマボウシ、「紅富士」(ベニフジ)は、富士山中より採取した種子を実生し、選別を繰り返して作出し、接ぎ木で繁殖した品種だそうです。「サトミ」に比べて苞や葉が細長いのが特徴で、多花性です。5月上旬の咲き始めです。5月中旬、5月下旬、左手前が「紅富士」で、右後方が「サトミ」です。紅富士の方が大きく、樹高4m位になりました。5月末日です。花(苞)が樹冠を覆うように咲いています。6月上旬です。花弁のように見えるのは苞(ホウ)なので、長持ちします。4枚の苞片の中心に、球状に蕾が集合し、本来の花が開花します。黄緑色の4弁花で、上が咲き始め、下が残り花です。花後の果実は径1cm弱、秋に赤熟します。庭の「ヤマボウシ」(2)「紅富士」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • *鎌倉浄妙寺に咲く 紫陽花たち。。♪
    2021/06/28 06:33
    *鎌倉浄妙寺に咲く 紫陽花たち。。♪

    red。 pink。 blue。 white。それぞれの彩(いろ)で今を耀いて。。紫陽花の咲くころ。。鎌倉 浄妙寺にて。。今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・ そして・・ 明日も・・ ず~っと・・ ずっと・・ =*^-^*= thanks!! ・・ テラといっしょに・・かがやきながら ・・もし・・こころに何かとどいたら。。。 2つの応援クリックを頂けたらとても嬉しいです~~にほんブログ村FC2 ブログランキングplease follow me..➡...

    chie*co

    *光と・・風を感じて・・♪

  • ジューンベリーの花と実
    2021/06/27 10:08
    ジューンベリーの花と実

    「ジューンベリー」は北米原産、バラ科の落葉低木で、花も実も紅葉も楽しめます。6号鉢植えで、樹高120cm位です。4月中旬、蕾から開花しました。白い5弁花です。5月上旬の緑の果実、6月上旬には色付き始め、ヒヨドリが食べに来るので、しばらく網袋などを被せます。6月中旬には熟してきました。収穫しましたが、少量で単独ではジャムにできず、とりあえず冷凍します。ジューンベリーの花と実

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • 鉢植えの「ツキヌキニンドウ」
    2021/06/26 11:11
    鉢植えの「ツキヌキニンドウ」

    「ツキヌキニンニンドウ」(突抜忍冬)はスイカズラ科で、北米原産の半常緑ツル性花木です。和名は、対生する枝先の葉が基部で合着し、茎が葉を突き抜けているように見えることから、忍冬は冬でも落葉しないスイカズラ(雪国では落葉します)の意。花の外側は紅オレンジ色、内側がオレンジがかる黄色で、対比が鮮やかで、香りもあります。5月上旬、枝先に数個~10数個の細長い蕾を伸ばし、先端を開いた漏斗状の花を咲かせます。5月中旬、花の盛りです。花後の6月中旬、丸い緑の実が1個着いています。赤い果実は毎年は見れないので、赤熟するまで見届けたいです。6月中旬にも開花し、現在も花が咲いています。我が家の鉢植えではこれが最後の花と思われますが、庭植えすれば、秋まで断続的に咲くようです。鉢植えの「ツキヌキニンドウ」

    kobakatu

    Koba の庭〜春夏秋冬

  • ライムグリーンの葉・ピンク花・紅葉が美しい!『黄金シモツケ(ライムマウンド)』の成長と開花
    2021/06/26 06:44
    ライムグリーンの葉・ピンク花・紅葉が美しい!『黄金シモツケ(ライムマウンド)』の成長と開花

    今回は4季を通じて楽しめる,おすすめの庭木『黄金シモツケ』の成長記録です。 『黄金シモツケ』の特徴は,美しいライムグリーンの葉っぱです。時に蛍光色のように見える黄金葉で,日陰でも周りを明るくしてくれます。また,初夏に咲く輝くようなピンクの花は美しく,冬になれば真っ赤に紅葉と,4季を通じて1年中楽しめます。さらに育成面では,暑さ寒さ両方に強く育てやすいと,とても優秀な庭木(低木)だと思います。唯一の欠点は落葉樹であることくらいでしょうか。。 そんな『黄金シモツケ』ですが,我が家では昨年秋に地植えしました。春前に植え替えしたりしましたが,無事に育って開花,紅葉を見せて,株も倍以上に大きく育ってくれ…

    papa-niwa

    パパの手間いらず庭づくり+

カテゴリー一覧
商用